新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ 最終更新のRSS
Last-modified: 2016-02-17 (水) 17:33:13

その他装備/M32 MGL

M32 MGL
M32 MGL ズーム
M32 MGL キルログ

性能

通称M32 グレランゲーム内名称M32 MGL
価格$6500実銃名称Armscor MGL
画像M32 MGL威力80%
命中率91%
反動32%
連射61%
重さ74%
装弾数6保持可能弾数18特殊機能ズーム
弾の種類40mm榴弾HUD40mmグレネード価格$300/6発

2012年7月4日実装

特徴

期間限定(2012年7月4日〜7月18日迄)で無期限を2400NPで販売していた。
同時期にExtremeランチャーセットとして「M32 MGL(無制限)」と「暗号解読機(50個)」のパッケージが6500NPで販売された。
2014年6月25日 メンテナンス後 〜 7月9日 メンテナンス迄、無期限版が再販された。
2016年02月17日より2016年03月30日まで超越暗号解読機コードAにより無期限と30日/15日/7日の期限制が獲得できた。
2013☆福袋でも入手可能であった。
2014福袋でも入手可能であった。
2015福袋でも入手可能であった。
ゴールデンキーの褒賞アイテムとしても入手可能であった。
2015年1月14日より武器製造にて第3種武器設計図により無期限版が製作可能です。

6発の40mm榴弾を使うリボルバー方式のセミオートグレネードランチャーだ。
多様な種類の榴弾を使用できるため、30ヶ国で正式採用されている。
2次モードは射撃時の射程距離が増加する。

回転式弾倉をもつセミオートグレネードランチャーである。
カテゴリとしては装備の欄になる。
チューブマガジンのショットガンと同様に1発ずつリロードし、リロード途中で撃つことも可能だ。
ズームモードで射程距離が伸び、威力が増大するようだ。ただし大幅に鈍足化する。
リロードに入ってもズームは自動解除されないが、別の武器に持ち替えた場合は自動解除される。
本体代もさることながら、弾が6発300$と高いので、オリジナルなどでは金欠に注意しよう。
ちなみにFG-Launcherと似たタイプの銃ではあり基本的な性能は同じである。

射撃TIPS

対人での威力は以下のとおりだ。
36mとはルーフトップのセンターの端と端の距離である。

距離

密着

36m
攻撃通常通常
防具ありなしありなし
6913768136

発射するとM79同様弾道を描いて飛んでいく。
他の武器とは違い発射即着弾ではないので注意が必要だ。
対人ダメージはベスト有り爆心地で68程度だ。
爆発範囲と爆心地からの距離によるダメージ減退については要検証である。
M79と違って対人でもそれなりにダメージは入るので、コストを度外視すれば十分使い道はある。
ちなみにべストなしの場合、胸にちゃんと直撃させれば即死だが、少しずれるだけで65までダメージが減る。
当たり判定はすべて胸になる。 距離によるダメージの減衰は少ない。
ダメージ・次弾発射間隔・保持可能弾数全てM79よりも優秀だが、単独で空爆して連続Killしまくれるような異常性能ではないので、
敵が潜んでいる場所に発射して味方に教える・味方が倒しきれなかった敵の体力を削る等支援に徹すると良いだろう。
水中では発射できないので要注意だ。

弾が空の状態でのリロード時、最初の1発だけは弾を詰めるモーションより先に装填された事になっている。
また、有志からの検証によってリロード中はRを連打又は長押しする事で、2発目以降もモーションより先に弾が装填されるという小技的仕様が発見された。

ゾンビモード

Z-virus:第2の進化PVに登場している。
ゾンビ系モードでは保持可能弾数が2倍の36発になる。対多数での総火力は意外と侮れない。
ゾンビ手榴弾のように爆心から弾き出す、強い衝撃効果がある。これは他の購入可能爆発物には無い。
これにより、ゾンビの足に当てた場合は平地のゾンビをも強制的に浮き上がらせる事が可能で、
ゾンビ付近の壁や床に撃った場合は撃つ方向とは別の方向にノックバックさせる事も可能である。
画面揺れによってゾンビが位置感覚を失うことも多い。
爆発物なので死角のゾンビを探知しつつ休息を妨害したり、複数のゾンビをまとめて攻撃することも勿論可能である。
連射力があり、チューブマガジン式SG同様のリロード特性なので隙もほぼ無い。
これらの特性から、多人数高所篭りのサポート要員としては本武器独自の特殊な活躍が見込める。
無暗に撃ってもすぐ装弾切れを起こし味方の邪魔になってしまうだけな事もあるので、普段はHGを持って応戦し、大人数高所篭り等で必要に応じて取り出し、援護するべきタイミングを見極めて射撃すると良い。目的を果たしたら即座にリロードし、HGに持ち替えよう。
味方の位置と状況によっては吹っ飛んだゾンビに味方がKillされてしまう場合もあるので要注意だ。ライトゾンビの足元に撃つのは極力避けよう。
爆風で多少の硬直は与えられるものの、逃げには不向きである。そもそもグレネードランチャーに逃げ武器としての性能を期待すること自体が間違い。
衝撃効果は人間には無いため、人間ボムジャンプしようとしても爆死して吹っ飛んでしまうだけなので注意が必要だ。
※ゾンビ連合モードでは自己ボムジャンプ可能のようだ。
2次モードを使用するとダメージが増大するが、鈍足化に注意しよう。

ゾンビ連合

M79を遥かに上回る殲滅力を発揮する。
敵がこの武器を持っているのを見かけたら、人間でプレイするのはほぼ無理だと考えたほうがいい。

ゾンビサバイバル

M79の連射力強化型といった所。壁へのダメージはなし。
回転率が高く、雑魚殲滅用としては良好な性能を誇る。
爆破範囲はM79と同等か、体感ではややこちらのほうが広いとの声がある。
見た目に比べ重量はそこまで重たくは無いので(数値上AR程度)機動戦でも使えなくは無い。
ただし、肝心の対ボス補正は掛かっていないようで、SKULLシリーズやAT4CSには遠く及ばない。
また、囲まれたときに足元に打つのは全然ありだが、M79より大分ダメージを喰らう上、つい連射しがちなので自爆死しないよう気をつけよう。
  また、壁へのダメージはないため、味方の援護にしかまわれない。
逆に言えば、援護には向いている。味方が壁を攻撃しているとき、その味方に群がるゾンビを一掃する、味方が囲まれたときに足元に撃つ、などといったチーム全体の生存率を上げられる強力な援護役になれる。

ヒューマンシナリオ

タイタンを除く一般兵は1発で撃破可能だ。
M79と似た放物線を描くため、遠距離戦での使用には訓練が必要だ。
あえて使うなら、Desert StormHell Fireを推奨する。

実銃

南アフリカ共和国のアームスコー社が開発した6連発型軍用リボルビング・グレネードランチャーだ。
供給元の名を取って『ミルコウ(Milkor) MGL』・『ダネル(Denel) MGL』とも呼ばれるが、物は同じである。
また、最近では改良型の『MGL140』がアメリカ海兵隊に、『M32』の制式名で採用された。

動画

ゾンビヒーロー(旧ゾンビ3)での検証

コメント欄について

実装から1ヶ月経った為、コメント欄は閉鎖いたしました。
コメント欄の取り扱いについてはトップページをご確認下さい。

過去ログ

質問は質問箱へ 情報提供・編集依頼はWiki編集相談