新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ 最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-01 (火) 22:54:23

アサルトライフル/AN94

AN94
AN94 キルログ

性能

通称AN94,アバカンゲーム内名称AN94
価格$2800実銃名称Автомат Никонова 94
画像AN94威力28%
命中率91%
反動91%
連射80%
重さ71%
装弾数30保持可能弾数90特殊機能強制2点バースト
弾の種類5.45mm×39HUD5.45mm価格$60/30発

2010年12月22日実装

特徴

武器製造にて一般アサルトライフル設計図により無期限版が製作可能だったが現在は製造できなくなりました。
武器製造にて第4種武器設計図により無期限版が製作可能でしたが2016年7月20日に製造できなくなりました。

30発の5.45mm弾を使う2点式突撃小銃。高速の2点バーストによる高い平均命中率と瞬間火力が特長だが、2連射後は次の発射までにディレイが発生する。

クレジット武器だった。
かつては1マガジン$19と9mmパラベラム弾より安かったが、現在は修正されており、5.56mm NATO弾と同じ値段なので、最近プレイをしていなかった人は注意が必要である。
CSO初のレベル制限が掛かった二つの銃器の一つで、15レベル以上でないと使用出来なかったが、2015年01月28日には解除された。
もともと15レベル以下でも購入自体は可能でありプレゼントはできた。
TR専用のアサルトライフル。強制2点バーストで、右クリックによる切り替えは不可能である。
リロードが超速で、その速さはドラゴンナイフ+AKM4dragonと比べられるほどである。

射撃TIPS

対人でHSしたときの威力は以下のとおりだ。
36mとはルーフトップのセンターの端と端の距離である。

距離密着36m
防具ありなしありなし
8113676128
20341932
20341932
25422440
25252424

AKの後継銃というと反動で暴れそうな印象が強くなりがちだが、その予想を見事に裏切る集弾性を備えた銃がこのAN94だ。
強制二点バーストによるスプレー不能等は確かにデメリットだが、代わりに高い遠距離対応能力をもたらしてくれる。
左クリックを押しっぱなしにしていてもバーストの二発はほぼ同一点に着弾し、距離減衰やチョッキ減衰も低い。
おまけにノーマルサーバーで走り撃ちしても、着弾点のブレが少ない。
近距離においてはもっぱら不利な銃だが、その分中距離や遠距離における脅威度はAKをも上回る。
ただし2点バーストとその威力の低さから、出会い頭でキルをとるには、2発とも頭に当てる必要がある。
またAKよりも値段が$300ほど高いため、オリジナルではよほど苦手意識がない限りはAKを買う方がベターである。

ゾンビ

ARとしては軽量、安定した精度、高速リロードなど、ゾンビモードにおいて適した性質を多く持っている。
強制二点バーストなので発射数を制御する必要がなく、弾倉の長生きにも繋がる。また、ARでありがちな、ついつい撃ち過ぎて弾切れ→餌という流れになりにくい。
二点射は安定した硬直を生み、次の照準を合わせる時間的余裕ができるので、ある程度のAIM力があれば、特に逃げにおいて高性能を発揮する。
篭りにおいては連射力・ノックバック力が不足している分連スナには劣るが、高精度なので篭り場所からやや遠い場所への安定した援護射撃が可能であり、また、進入してくるゾンビには安定したHS連発が出来るのでダメージ源としても活躍できる。
気をつける点としては、強制2点バーストなので、近距離において複数のゾンビと遭遇した場合は連射力のなさにより対処しきれない場合があるので立ち回りには注意しよう。
また、通常のARと比較して瞬間火力の面では劣っており、至近距離でフルオート全弾HSといった使い方は出来ないので留意しよう。

ちなみに士気100%でのダメージは以下のとおりだ。

武器
Famas7318182219
AN947318182222
AN94(RB後)6729293336

詳しい威力の検証はこちらを参照してください。
ただし2発発射のデータから想定しているためデータの正確性はかけます。

ヒューマンシナリオ

高速リロード、2点バーストによる正確性、高威力なことから活躍が期待できる。
このモードでは非常にHSが狙いやすいので、人によってはSR持ち並みの活躍ができるであろう。

実銃  

AK-74Mの後継として、ロシア軍で配備が進んでいる小銃。通称アバカンだ。
1800発/分で発射される2点バーストが有名だ。(フルオートセレクターとセミオートセレクターもある。)
使用弾はAK-74Mと同じ5.45×39mm弾だ。
この弾丸は威力は7.62×39mm弾よりは低いが殺傷力は7.62×39mm弾より高い。
5.45×39mm弾は弾頭内に空間を作り、人体等のソフトターゲット命中時に横転をさせる構造を採った。
横転した弾頭はソフト・ターゲット内で回転運動を伴いながら進み、その運動エネルギーを十分に消費する事ができる。
人体に当たった場合、射入口は小さいが射出口が口径と比して大きく、筋肉血管を含む周辺組織に広い体積で損傷を受ける為、治療が難しく1978年から1989年のアフガニスタン紛争に投入されたAK-74と5.45×39mm弾はアフガニスタン武装勢力から恐れられた。
この技術は西側にも影響を与え、現行の5.56×45mm弾(SS109、M855)では、同様の構造が採用されている。
AK-74やAK-47のように、動作環境に対する堅牢性は非常に高い反面、排莢不良が起こりやすいなどの欠点も目立つとされている。
またロシア軍の腐敗による小銃横流しを防ぐ為、トリガーグループが容易に取り外せる設計になっており、普段は別々に保管しているそうだ。
現在はドラグノフ同様に1小隊に付き1丁、スペツナズにも主力小銃として配備されている。
余談だが、この「アバカン」という名称は前代未聞の2連装バレルアサルトライフルである「AO-63」の名称であった。しかしトライアルに負けてしまった結果、このAN-94がアバカンの名を継いだ。

使用動画

コメント欄について

実装から1ヶ月経った為、コメント欄は閉鎖いたしました。
コメント欄の取り扱いについてはトップページをご確認下さい。

過去ログ

質問は質問箱へ 情報提供・編集依頼はWiki編集相談