新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-09 (木) 02:47:45

アサルトライフル/FAMAS

FAMAS
FAMAS キルログ

性能

通称FAMASゲーム内名称Clarion 5.56
価格$2250実銃名称GIAT FA-MAS F1
性能Common C / Zombie D / Survival D
画像Clarion 5.56威力2124
ゾンビダメージ3237
ZSVダメージ3237
命中率90%
反動82%
連射91%
重さ81%
ゾンビノックバック13%
ゾンビ硬直50%
装弾数25保持可能弾数90特殊機能3点バースト射撃
弾の種類5.56mm NATOHUD5.56mm NATO価格$60/30発

クラシック武器である本銃は2009年07月08日クローズドβテストより実装された。

特徴

クラシック武器
武器製造にて第6種武器設計図により無期限版が製作可能でしたが基本装備へ変更のためできなくなりました。
2015年1月14日に無料化され基本装備武器となりました。

[クラリオン5.56]25発の5.56mm弾丸を使用するブルパップ式ライフルで、装弾数が少ないが連射速度が速く安定している。2次モードで3点射を使用する

カウンターテロリスト側のみ使用可能のアサルトライフルだ。3点バースト機能が付いている。
CTでは値段、性能ともにエコ武器とM4の中間に位置する。
装弾数が25発と少なめだが、連射速度が速い。
しかしリロード動作が完了していても装弾数25と表示されるまでが遅く微妙な感じがありイライラさせられる場面もしばしばである。
ただそれ以外を除けば充分前線で戦う役割を果たせる銃なので、お金がない時は使ってみよう。
ちなみに、リロード時に弾倉を交換していない。抜いて挿しているだけである。(真下を見てリロードするとわかる。)

余談だが、バトルシリーズなどの無期限版があったもののメジャーな武器であるがクレジット武器であるがゆえか無期限版が存在しなかったのだが、2014年01月15日のアップデートのあと武器製造により無期限版が入手できるようになった。

射撃TIPS

対人でHSしたときの威力は以下のとおりだ。
36mとはルーフトップのセンターの端と端の距離である。

距離密着36m
防具ありなしありなし
フルオート8111672104
20321826
20301826
25362232
21211919
バースト9213272104
21312030
21312030
27412432
22222120

バーストはダメージ値が安定しないので参考までにしてください。
ファマスの一番の特徴として3点バースト射撃がついていることが挙げられる。
この機能は1クリックするごとに、3発ずつ弾が発射されるというものだ。このような機能はグロックにも装備されているが、本銃は1発ごとの発射となっている。
切り替えると自動モード時より連射速度が速くなり、ほぼ同じ位置に3発着弾する。また、初弾の精度も自動モード時よりも向上する。
遠距離はもちろん、中距離時もバーストに切り替えておくと良い。全弾命中してもHSがないと倒しきれない事があるため、中距離戦ではバースト射撃で頭を狙っていくと良いだろう。
自動モードでもM4などの銃に比べて連威力が低いため、胴撃ちでの勝ち目はあまりないと思って良い。いかにHSをとれるかがこの銃を使う上で大切となってくることは間違いないだろう。オリジナルでは安いため、愛用者も多い。

ゾンビ

まず、装弾数が25発ということに注意してほしい。
基本は自動モードで。少し距離が空いてる、遠距離のゾンビを狙う場合はバースト撃ちで正確に狙って撃っていこう。
攻撃力はそれほど高くないので、ゾンビキルにはあまり向いていない。
だが他のARと比べて優れた命中率があるため、ゾンビから逃げる時には扱いやすい銃となるだろう。
移動速度はシール14.5秒の道を15.1秒前後だ。
リロード時間は3.3秒前後であり、自動連射時間は2.3秒前後/25発だ。

使用動画

実銃

1977年にフランス軍に向けて支給されたアサルトライフルである。採用から30年過ぎているにもかかわらず、現在でも改良、生産が続けられている。
長い銃身を持ち、反動を制御し易いブルパップ形状など数々のデザインが複合しているため、射撃精度と連射時の安定性・集弾性はともに良好であるとされる。
ちなみに、左利きだと自分の体に熱い空薬莢が降り注ぐため、フランス軍では左利きの射手でも右利きに修正するらしい。
同様の理由からイギリス軍も右利きに修正される。
「トランペット」の愛称は日本限定であり、外国人には通じないことが多い。また現在では死語になっているが、かつてフランスでは「Clairon(クレロン)」という愛称もあり、そこからもじって今風に「クラりん」と呼ぶのもいいかもしれない。
ちょっと悲しい話だが、自国製品に強い愛着を持つそのフランス人にさえ「実戦でつかうような銃ではない」とのコメントを喰らっており、その通りあまり使われていない。また、外人部隊もM4系を使用しているという噂もある。
OICW(破綻したが…)やK2アップグレード計画、F2000等の電子機器装備のアサルトライフルに対抗するフランス軍ARのプラットフォームとして、現在フランスで開発が進んでいる。

コメント欄について

実装から1ヶ月経った為、コメント欄は閉鎖いたしました。
コメント欄の取り扱いについてはトップページをご確認下さい。

過去ログ

質問は質問箱へ 情報提供・編集依頼はWiki編集相談