新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ 最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-05 (土) 22:48:51

サブマシンガン/SKULL-3(変形前)

SKULL-3変形前
SKULL-3変形前 ズーム
SKULL-3 キルログ
+  武器ペイント

性能

通称スカル3,SK3ゲーム内名称SKULL-3
価格$4000実銃名称H&K UMP .45
画像SKULL-3威力27%
命中率82%
反動89%
連射91%
重さ83%
装弾数35保持可能弾数200特殊機能変形可
固定サイレンサ
ハーフズーム
Co-op補正
弾の種類.45 Anti-ZombieHUD.45 Anti-Zombie価格$150/30(15x2)発

2012年2月22日実装

特徴

無期限版は2012年2月22日に実装され、3月14日まで1820NPで販売された。
同時期にSKULL☆Complete!!セット として「SKULL-1(無制限)」+「SKULL-3(無制限)」+「SKULL-7(無制限)」+「SKULL-9(無制限)」のセットが4990NPで再販された。
2013年3月6日のアップデート〜2013年3月13日まで、無期限版が再販された。
同時期にSKULLリバイバルセットPart2 として「SKULL-3(無制限)」+「SKULL-7(無制限)」+「SKULL-9(無制限)」のセットが3800NPで再販された。
2014年4月23日メンテナンス後〜5月14日メンテナンス迄、ゴールデンキーの褒賞アイテムとしても入手可能であった。
2014年9月24日メンテナンス後〜10月22日メンテナンス迄、ゴールデンキーの褒賞アイテムとしても入手可能であった。
2014年7/2(水)から7/16(水)まで武器体験システムにより一部のマップで武器の試用ができました。
2014年12/17(水)から2015年1/14(水)まで武器体験システムにより一部のマップで武器の試用ができました。
S-BOXから期限制が入手できる。
武器製造にて第2種武器設計図またはSKULL武器設計図により無期限版が製作可能です。
2016年01月13日より2016年01月27日まで超越暗号解読機により無期限と30日/15日/7日の期限制が獲得できた。
2016年03月16日 メンテナンス後より2016年03月30日 メンテナンスまで「確定製造秘伝:SKULL-3」「第2種武器設計図[S]」「最大無制限の耐久材」がセットになったSKULL-3確定製造セットが1200NPで販売された。
同時期に「SKULL-3確定製造セット(10個)」「ブラッドペイント(1個)」の血まみれの髑髏セット[3]が6000NPで販売された。

35発45口径の特殊弾頭を使用する短機関銃。卓越された機動性、デュアルモードにおける強力な火力とマフラー装着などにより優れた汎用性を誇る。
政府が投資開発した特殊弾頭はゾンビに対する貫通力が大きく、致命的なダメージを与える。

告知に本銃がSKULLシリーズ最後の実装となるような一文があったが12年4月25日にSKULL-11、13年4月25日にSKULL-4が実装された。

35発45口径特殊弾を使用する短機関銃だ。
素晴らしい機動性、デュアルモードの強力な火力とサイレンサの取り付け、ズーム機能などで優れた汎用性を誇る。
政府が投資開発した特殊弾頭は、ゾンビに貫通力が大きく、致命的なダメージを与える。(公式本文を直訳した。)
弾代は600発で$3000だ。
課金武器の中で1キーを使うことで変形できる唯一の武器だ。SCARやXM8、MP7A1のように1キーを押して選択しデュアルモードに変更する。
リロード、変形行為後の初弾が正確な武器である。
AモードはBモードより軽量で、従来のSMGよりやや遅い程度だ。
ちなみにこの武器のダットサイトはどう見てもフタが閉まっている。
バグなのか仕様なのか変形後の状態で1発でも撃って変形すると、リロードが終わった状態で出てくる。
変形後と違い、変形前の状態では壁を抜くことは出来ない。

武器変形システム

サブマシンガン/SKULL-3(変形後)

SKULL-3確定製造秘伝セットSKULL-3確定製造秘伝と第2種武器設計図と最大無制限の耐久材を組み合わせて獲得することができる。
ただし無期限が確定するわけではありません。

射撃TIPS

対人での威力は以下のとおりだ。
36mとはルーフトップのセンターの端と端の距離である。

距離密着36m
防具ありなしありなし
8111670100
20291725
20291725
25312131
21211818

SMGの中では群を抜いて距離減衰が低く、ベストを着た相手に対しても比較的高いダメージを出せる。
最初の2〜3発は比較的中央に飛んでいるが、それ以降は照準から上へ横一文字に弾がバラけている。
リロード速度については、Aモードは約2秒(1,9秒)ほどである。
これはSKULL-5のリロード速度とほぼ互角である。
ノーマルサーバーでの走り撃ちは、SMGだけあってそこそこ真っ直ぐ飛ぶ。
SMGにしては精度が高く、対人(TDM/DM)では従来のSMG同様の運用が可能だ。
だが所詮はSMGであり、威力や距離減衰はARには及ばない。(それでもSMGの中では飛びぬけた性能であるが。)
オリジナルでは、SMGにしては破格の値段が大きなネックとなり、購入は難しい。

対ゾンビ

SMGの持ち前の軽さ、高速リロードを生かした逃げ戦法に強い。
Tempestほどではないが、ノックバックはそこそこあり、軽いゾンビ相手なら押し出すことができる。

士気100%でのダメージは以下のとおりである。

武器
変形前9022222824
変形後12631313931

詳しい威力の検証はこちらを参照してください。

ゾンビエスケープ

状況により切り替えられる(箱の前での攻防戦ではBモード、など)のが最大の利点である。
Aモードは専ら走っている際の足止めに使用するのがオススメだ。
上記されている通り軽いノックバック補正が掛かっている。ジャンプしているゾンビの足止めに有効な武器だ。
走り撃ちでもそこそこ真っ直ぐ飛ぶので、比較的ゾンビに当てやすい。ヒットストップもSKULLの名前を冠するだけあって結構足が止まる。
命中率も悪くないので、タップショットで上手く当てると簡単にゾンビと距離を離すことができる。

ゾンビサバイバル

本体価格は$4000と安いが、弾代が(600発で)$3000とやや高めである。
これはスカルシリーズの弾薬(600発で)の中では1番安いが、弾を消費するスピードはダントツで一番早いため、実はコストパフォーマンスはそんなに良いわけではない。
威力補正がかかっているためSMGではありながら下手なMGを上回るなかなかの殲滅力を発揮する。
リロードが早いため隙も少なく、軽いため囮をしながら敵を狩るときなどには最適の武器と言える。
もっとも、所詮SMGなので他のスカルシリーズや主力MGに比べると殲滅力/壁削り能力などでは劣るので過信は禁物である。

ちなみにデッドエンドの最初の壁を相手に次のような結果が出ている。

武器SK6SK7BR7AKSK3
(A)
SK3
(B)
SK8SK8
(2)
SK9BR9BR9
(BCS)
SK4SK5BR3BR5
Lv01302422-231317303118016574→
122
22771663147
Lv1160-614844-4531336362-63360330147→
243
4541421336392
Lv1572-735853373975+176432396177→
293
54417116075111

※攻撃力Lv1(100%)、Lv11(200%)、Lv15(240%)での検証結果です。
更なる威力検証はこちらを参照してください。

ヒューマンシナリオ

こちらも他のスカルシリーズ同様、威力に補正が掛かっている。
特に、時間制限のない地獄の業火ではMGにも勝る強さを発揮する。
しかし、距離減衰の問題からボスに対してはあまり強さを発揮しない為、自信がなければ連スナを使ったほうがいいかもしれない。

ゾンビシェルター

ゾンビシェルター サバイバルにおいてインフェクテッド・タイタン討伐では武器価格が安くダメージが大きいことからよくつかわれる。

スカルシリーズ

スカルシリーズの第1世代のサブマシンガンになります。

+  スカルシリーズたち

武器ペイント

2016年03月16日実装

SKULL-3 ブラッドSKULL-3 ブラッド35発45口径の特殊弾頭を使用する短機関銃。機動性とデュアルモードにおける強力な火力とマフラー装着などにより優れた汎用性を誇る。また、ゾンビに対する貫通力が大きく、致命傷を与える。ブラッドの画柄が特徴的である。

使用動画

名誉

2015年11月25日に本武器シリーズを収集したら得られる名誉任務が実装された。

称号名称取得条件&備考獲得Pt勲章
スカルSKULLシリーズの武器を集めた人に与えられる。
※無制限を所持している必要があります。
SKULL-1/3/5/7/9/11が対象です。
20エンブレム

実銃

H&K社が開発したUMP.45に様々なカスタムを加えたCSOオリジナル武器だ。
スカルシリーズ共通の髑髏の装飾の他に、Comp M3ダットサイト、サイレンサ、フォアグリップなどをアタッチメントに装備している。
実銃では45口径弾を使用するが、SKシリーズの慣例によりAntiZombie弾仕様の物を使用するようだ。
元となったUMP.45についてはUMP.45を参照してください。

コメント欄について

実装から1ヶ月経った為、コメント欄は閉鎖いたしました。
コメント欄の取り扱いについてはトップページをご確認下さい。

過去ログ

質問は質問箱へ 情報提供・編集依頼はWiki編集相談