新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-08 (水) 17:50:45

ショットガン/XM1104

XM1104
XM1104 キルログ

性能

通称レオネ XM1104ゲーム内名称Leone YG1265 Auto Shotgun
価格$3000実銃名称Benelli M1014またはM4super90
性能Common C / Zombie B / Survival D
画像Leone YG1265 Auto Shotgun威力60
ゾンビダメージ78
ZSVダメージ156
命中率100%
反動58%
連射83%
重さ81%
ゾンビノックバック13%
ゾンビ硬直71%
装弾数7保持可能弾数32特殊機能散弾
弾の種類12GaugeHUD12Gauge価格$65/8発

クラシック武器である本銃は2009年07月08日クローズドβテストより実装された。

特徴

クラシック武器
武器製造にて第6種武器設計図により無期限版が製作可能でしたが基本装備へ変更のためできなくなりました。
2015年1月14日に無料化され基本装備武器となりました。

[レオネYG1265自動ショットガン]7発の弾丸を使用する12ゲージショットガンで、セミオート機能を利用した非常に速い連射速度で、接近戦において優れた破壊力を誇る

一度に6発の散弾を発射し、セミオート射撃できるショットガンだ。軽量でシール14.5秒の道を15.1秒程度でいどうできる。連射速度はUSAS12を上回る。(連射時間は1.6秒前後/7発だ。)
弾込めがとても速く、リロード時間は0.8〜0.9秒前後/1発、2.9秒程度/7発だ。(リロード時間の検証は困難であった。)
CQB(接近戦)マップでの活躍は大いに期待できるということだけは確かである。
CS1.6やCSSではXMと呼ばれていたが、CSOでは名前の似ているXM8XM2010があるためレオネと呼ばれることが多い。
余談ではあるが、ゲーム内表示名とゲーム内詳細ウィンドウ表示名が異なっており、1264と1265のどちらが正しいのかはいまいちわからない。

レオネ表示

射撃TIPS

対人でHSしたときの威力は以下のとおりだ。
散弾1発あたりの威力は6で割ればよい。
36mとはルーフトップのセンターの端と端の距離である。

距離密着36m
防具ありなしありなし
228456--
57114--
57114--
71142--
8585--

遠距離では弾が散るため、接近戦でしか勝負できない。
M3よりも威力が低い分、連射が利くので、扱いやすさはこちらの方が上かも知れない。

TDM/DM

これを見る前にショットガン/M3 Super 90のページを見てもらえると説明が分かりやすい。

まずは簡単にまとめていこう。まずM3と比べたときの長所短所を挙げてみる。

長所

  • 連射性能が高い。
  • 微妙にリロードが早い。

短所

  • 装弾数が少なく高い連射が祟って弾切れが早い。こまめにリロードをしなければならない。
  • 威力がM3と比べて低いので一撃で葬れないことが多い。

などなどだ。
特に一撃で敵を葬れないのが一番の短所であり、狭くて入り組んだ通路をチョロチョロ動いて戦う。
ただし戦闘スタイルは「待ち」。撃ち勝てる有効射程は長ドスを刺せるくらいと考えるとほんの少し長い通路を移動中にすら正面に敵が出ると撃ち合いで負ける。
では少し深く説明します。

走る

ショットガンは近距離でないと本来の性能を引き出せません。
敵よりいいポジションに着けばそれだけ有利に戦えます、試合が始まったら全力でダッシュだ。
敵が来そうな道の物陰に隠れて相手を待ちましょう。この初動で生死が6割決まると思ってください。
移動の際はナイフかピストルを推奨します。

どのように戦うか

実はこの武器扱いが難しい武器でもあります。
通路が細い場所では敵も慎重にクリアリングしてくるのでやられてしまう可能性が高いです。ではどうするのか?
正解はありませんが殆どの場合、「敵が近づいてきたら物陰から飛び出し2・3発撃ってまた隠れる」
があってると筆者は思っています。
理由は高速で連射するので相手を倒せる可能性も高く、倒せなくとも面で相手を圧倒するので相手の行動を制限させるのにも一役買うことが出来ます。

一対少人数

ショットガンの中では一対一だと非常に強いです。
高い連射力によって一発目で倒せなくても致命傷を与えていれば二発目で倒すことが出来ます。
M3と比べるとこのような状況での安定感が大きく違います。多くとも三発目を撃つ頃には勝敗が付くでしょう。
四発目?撃つ前にこっちが地面に倒れとるわ。
相手が一人ならいいのですが二人となるとこちらがやられる可能性が大幅に増えてしまいます。
出来れば三発以内に二人倒したいところですが状況によってはそれも難しいでしょう。
相手が三人に増えたら狭い通路以外では勝ち目がありません。
もし貴方が広い場所でこのような状況に遭遇してしまったら引き撃ちしながら退却してください。
ショットガンは弾が拡散するのでドカドカ撃っても意外と当たります。
とにかく逃げて味方との合流を目指してください。

逃げると見せかけて得意の待ち伏せで勝負をかけるのもいいかもしれません。

外した場合

外した際のリスクはM3ほどありません。
M3が初弾を外したら次弾が撃てるまで0.8秒弱かかるのに対して、XM1104は0.6秒弱で二発、
1秒あれば三発撃てます。近距離では二発あれば一人倒せるので意外とどうにかなります。
しかしそれは待ち伏せなどで相手がこちらに気が付いてない時だけだ。
真正面から攻撃して気付かない敵はいません。

XM1104での回避テクニックを少し書いていきます。

  1. そのまま走って相手の裏に回りこむ
    定番テクニックではありますがXM1104の場合裏に回りこむ前に敵を倒せてしまう場合があります。
    使用頻度は少なめだと思います。
  2. その場でしゃがむ
    M3でのしゃがみとは別の意図でのしゃがみです。XM1104は反動が強烈なのでリコイルコントロールを入れないと三発目からの弾が相手の頭上を飛び越えてしまいます。なのでしゃがみを入れることによりリコイルを打ち消す意図があります。被弾面積も減るので使い勝手が良いが、動かないところを狙われて頭を撃たれてやられてしまうことも。

M3では相手に向かってジャンプという項目がありましたがXM1104では反動が強いので
空中ではリコイルコントロールが出来ず殆ど当てられずオススメできないので書きませんでした。
しょうがないよね・・・

オリジナル

初期SGの値段と比べると、正直言って最悪レベルである。
最前線で戦う(相対的にやられる確率が高い)武器なのに3000$は驚愕の一言だ。
相対的な面ではMG3を買うよりもハイリスクです。間違いなく。よほどの自信が無いとまず選ばないでしょう。
TDMなら活躍の場はありますがオリジナルではまずありません。
$3000もあるなら素直にM4やAK買ったほうが賢明です。

ですが買うなとは言いません。全ては愛ゆえになのだ。

ゾンビ

ゾンビモードでは発射速度・最速弾込め・高い硬直・軽さ故に高所篭り・逃げ共にとても高い性能を発揮する。
特に逃げ性能はヘタな強化課金SGを凌ぐ程非常に優秀であり、弾が当たればゾンビはヒットストップするので、当てながら逃げる→リロード→当てながら…を繰り返すだけで人間側がヘマをしない限りは逃げ続けられる。
また、連射ができるので高所に篭り、ゾンビが跳んだら撃ち、跳んだら撃ち…とやるだけで、
一人でもかなりの時間篭ることができる。
またリロードの途中に打てるという利点を生かし、MG持ちの人のリロード中に援護してあげることも可能だ。
だが通気孔など高所篭りではないときは素直にハンドガンで撃つほうが、味方の援護にはなるかもしれない。
連射できるのでついつい撃ちすぎてしまうが、弾が切れては元も子もない。硬直時間を最大限に生かそう。
また、ナタナイフとの相性が極めて良く、ナタ使いがもっともよく選択する武器でもある。
至近距離で子ゾンビの頭に連続で撃ち込むと案外一瞬で昇天してしまうこともある。ゾンビがナタの前兆だと勘違いして油断するのかもしれない。
また、類似武器にSPAS-12 DXSPAS-12 Cobraが実装されたが、本銃に比べノックバックがやや強化され、その分硬直時間が弱い。
また本銃よりも連射時の反動が大きいので、近接武器との相性では本銃に分があるだろう。
加えてSPAS-12 DXは本銃よりも散弾とショットシェルが1発多く(Cobraは2発多い)、反面リロードは遅い。
SPAS-12はモード変更によりM3に近い運用も一応可能だ。
どちらを選ぶかは、好みやプレイスタイル次第だろう。

ゾンビサバイバル

デッドエンドの最初の壁を相手に次のような結果が出ている。

武器XM1104XM1104(暗号箱武器補正後)
NORMAL3892

更なる威力検証はこちらを参照してください。
バグの可能性もあるがゾンビサバイバルでの威力はそれなりのものになっている。

使用動画

SPAS-12 DXとのゾンビヒーロー実戦比較(本銃は1:11〜)

実銃

1999年にベネリ社が開発した軍用向けの次世代散弾銃である。
これまで軍用散弾銃は信頼性などの関係からポンプアクションなどの手動式が長らく使われていたが、1998年にアメリカ軍の兵器研究機関であるピカティニー造兵廠が 『アメリカ軍は新たに.12ゲージの半自動散弾銃を欲している』との要望を発表した。
この要望に対して散弾銃の製造には定評のあるベネリ社が手を挙げ、自動式散弾銃の開発に着手する。散弾銃特有の問題であった散弾発射時の燃焼塵による回転不良の解決には、燃焼時のガス圧を調節して確実に次弾を装弾させるA.R.G.Oシステム(Auto Regulating Gas Operated-System:ガス圧自動調節器)を開発し、後にアメリカ軍が発表した次世代散弾銃に対する要望書JSCSにも適応した散弾銃を作り上げた。これが『M4スーパー90』である。
ベネリ社は本銃を、業務提携先であるH&K社と共同でアメリカ軍の次世代散弾銃トライアルに提出。1999年4月に XM1014の名前でアメリカ軍に仮採用され、導入試験の結果、2001年11月にはテストコードの"X"が取れM1014の名前で本採用。現在2万挺ほどが海兵隊に導入されている。

コメント欄について

実装から1ヶ月経った為、コメント欄は閉鎖いたしました。
コメント欄の取り扱いについてはトップページをご確認下さい。

過去ログ

質問は質問箱へ 情報提供・編集依頼はWiki編集相談