新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-03 (火) 18:59:31

スナイパーライフル/Barrett M95

Barrett M95
Barrett M95 キルログ
+  強化後武器

性能

通称M95ゲーム内名称Barrett M95
価格$5000実銃名称Barrett M95
画像Barrett M95威力100%
命中率100%
反動40%
連射24%
重さ62%
装弾数5(強化後10)保持可能弾数50特殊機能スコープ
Co-op補正(4倍)ゾンビ補正(2.5倍)
弾の種類12.7mm NATO(.50BMG)HUD.50BMG価格$100/5発

2010年10月13日実装

特徴

無期限版は実装から2010年10月27日まで、1900NPで限定販売されました。
2012/06/13 メンテナンス後 〜 2012/06/27 メンテナンス迄再販されました。
同時期にデスマッチハンターセットとして特殊強化材(50個)]と[Barret M95(無制限)のパッケージが3900NPで販売されました。
2012/06/27 メンテナンス後 〜 2012/07/04 メンテナンス迄再販されました。
2014年5月14日 メンテナンス後 〜 5月28日 メンテナンス迄再販された。
同時期に「Barrett M95(無制限)」と「特殊強化材(50個)」がセットになったデスマッチハンターセットが3900NPで販売された。
2015年1月14日よりBarret M95確定製造セットが1,000NPで販売された。
2013☆福袋でも入手可能であった。
2014福袋でも入手可能であった。
2015福袋でも入手可能であった。
ゴールデンキーの褒賞アイテムとしても入手可能であった。
2015年04月08日までは暗号解読機で暗号箱を開くことによって入手が可能だった。
2015年04月08日から2017年01月11日まで暗号解読機コードMで暗号箱を開くことによって入手が可能だった。
武器製造にて第4種武器設計図により無期限版が製作可能です。
2012年06月13日にBarrett M95 ChristmasEditionと共に強化可能になりました。
※強化可能武器だ。強化詳細はこちらを参照してください。

Barrett M95強化詳細
強化+0+1+2+3+4+5
威力100  ---
命中100 ----
反動40     
重さ62   --
連射24  ---
装弾5678910

5発の50口径弾を使うブルパップ式の単発狙撃銃で、高い命中率と共に、50口径の優れた破壊力を存分に発揮するべく開発された。

新シナリオMAP"Mosque"とともに実装されたM95だ。
50BMG弾というAS50AW50と同じ弾丸を使用する。
威力が100%でないと思われがちだがAWPと同じく100%、つまり足以外に命中させれば一撃死である。 次弾発射まで長いのが一番のネックかつ大きな欠点であり、AWP等の他のSRと撃ち合いになった場合、相手側が先に次弾発射準備が完了してしまうので、安易に飛び出すとただの的になりかねない。
初弾を確実に当てるか最低でも先手を取って初弾を相手より先に放てるようよく戦略を練った上で戦おう。
撃った直後に武器切り替えボタンを2連打し、別の武器に変えて戻して撃つと少し早く撃つ事が出来る。
実装直後に比べ11年の9月アップデートにて発砲後の反動がやや弱く修正されたが、10月19日アップデート後にもとの反動に戻った。

この武器にクリスマス装飾を施したM95 CEが2011年12月21日に実装された。
なお、従来のクリスマスエディション同様性能に変化は無いようだ。

この銃は銃身が非常に長く、隠れていても物陰から銃身だけ飛び出していることがあるので注意が必要だ。

AWPなのでAWP戦で使用可能である。

Barret M95確定製造秘伝セットBarret M95確定製造秘伝と第4種武器設計図と最大無制限の耐久材を組み合わせて獲得することができる。
ただし無期限が確定するわけではありません。

射撃TIPS

対人での威力は以下のとおりだ。
36mとはルーフトップのセンターの端と端の距離である。
86mとは列車のテロベース〜キャット入口までの距離である。

距離密着36m86m
防具ありなしありなしありなし
威力+0+1+2+0+1+2+0+1+2+0+1+2+0+1+2+0+1+2
429440448456456456418428432440440444391401405412412416
10811011211411411410410710811011011197100101103103104
10811011211411411510410710811011011197100101103103104
134137140141142143130134135137137138122125126128128130
858586858586828283828283777778777778

上に書いてあるように威力自体は100%であるため、基本的には足以外なら一撃死である。
ただし、チョッキ減衰と距離減衰がAWPに比べるとかなり大きく設定されており、長距離の敵では胸や腕に当てても一撃死させられないことがある。
ちなみにそれは威力を+2強化することで上記のとおり解消する。
AWP戦で補正が入っていると思われていたが、実際にはAWP戦においても通常と変わらぬ威力を持つ。

台湾の有志による他のスナイパーライフルとの比較の表を載せておこう。
これを見ると距離減衰の大きさが実感できると思う。

 腕(チョッキ付き)頭(ヘルメット付き)
60〜68M69〜75M70〜80M80〜90M60〜68M80〜90M
AWP106106105104421417
M95100999897395391
WA200084838281329323
M2495959594380376
AWP-Z95959491382380

結論:距離によって一撃で倒れないことがあるので注意が必要だ。

★貫通力
結論から言うと、AWPは最大三人抜きに対し、M95は八人抜きできた。
ただし検証者によると、貫通数がこれより多い可能性もあるので更なる検証を重ね、正確な数値を出したいとの事だ。(要検証)

AWPにくらべダメージが少ない印象があるので、できる限り威力を+2強化することをお勧めする。
対人、ヒューマンシナリオでの効果はかなり大きい。

ゾンビ

対人戦ではではその特徴から優秀な武器とは言い難いが、ゾンビモードにおいては化ける。
同じ威力100のAWPに比べると2,5倍程度の威力補正がかかっており、チョッキなしのノーマルマザーに対し密着HSで1076のダメージを与える。
士気上昇による威力向上も合わされば、暴走ノーマル、潜伏ライトなどのダメージ耐性が低いゾンビに対しHS一発5000ダメージを叩き出すのも夢ではないステータスだ。
だが、次弾発射までの間隔が長く、ゾンビに一気に攻められると個人での迎撃は不可能に近い。
味方(特にMG持ち)と連携をうまく取っていくことが重要だ。

ボルトアクション式SRでHSできない腕前なのであれば、
そもそもこの銃を使わない方がいいだろう。とどめの一発使用中に撃てるのは2発まで、
上述の切り替えを駆使しても3発が限度である。
重量も重く、連射間隔の問題もあり、これで逃げるのはタイマンなら若干の希望もあるだろうが、
二人以上に追われるとまずもって不可能であるので素直にハンドガンに切り替えよう。
ちなみに士気100%でのダメージは以下のとおりだ。

距離密着(0m)
防具あり
武器AWP-ZM95M95+1M95+2TRG42ThunderboltAS50+2
6911022106710774002482885
172255266269100620221
172255266269100620221
216319333336125775276
13420120520776465174

そのほかゾンビモードでのダメージについてはこちらを参考にしてください。
ゾンビのための威力強化についてだが、威力+2でHSで+55、胸で+14、足なら+6のダメージアップになる。
対人での威力強化は効果が大きいが、ゾンビではそれほど大きくは感じない。
威力は+2ではなくても+1で十分と思われる。
ゾンビ専門のプレイヤーはおとなしく装弾数や連射を強化したほうがよさそうだ。
ちなみに連射は+2にすると無強化で5発撃つ間に6発を撃つことができるようになる。

ゾンビサバイバル

このモードではゾンビ以上の補正(4倍程度)がかかっており、単発の威力で言えば最高レベルの攻撃力を誇る。
基本的に雑魚ゾンビは一発KO、硬いゾンビ(ヒュージやガニメデ、ダイモスなど)に対してもHSを数発叩き込めばあっという間に殺すことができる。
だが、なんといっても機動力が低く連射力もなく装弾数も少ないため、
大量のゾンビが湧いて次々と迫ってくるこのモードではあまりおすすめできない…。
ボスゾンビに対しても一応割りと高いダメージを与えることができるようで、一発で目に見えて体力が減ることもあるが
いかんせん連射力や装弾数が足りず、有力なダメージソースとは成り得ない。

ヒューマンシナリオ

このモードでもゾンビサバイバル同様非常に高い補正がかかっており、もともとスナイパーライフルが活躍するモードだっただけあってなかなか活躍できる。
と、言いはしたものの、雑魚社員相手だとこの銃の長所である高威力が生かされることはあまりない。
というのも、ヒューマンシナリオシステム改変以来、そこそこの威力を持ったスナイパーライフルだと大概の社員を胴体1発で沈められるようになってしまったからだ。
もっとも、硬い社員相手だとその威力の高さを遺憾なく発揮することができ、タイタンもHSで瞬殺(MAPやラウンドによって何発いるかは異なる)である。
そして、ボスに対する攻撃力の高さは未だ健在で、クリティカルポイントにぶち込めばかなりの$を入手できる。

気をつけるべきはやはり装弾数の少なさと、弾薬の高さである。5発で100と、とんでもない値段の弾なので、600発買ってしまうと12000$もの金が飛んでいってしまう。
この銃の連射力で600発使い切ることなどまずないので、「、」キー(メイン弾薬1クリップ購入)を使って必要なだけの弾を買うようにしよう。
なお、うっかりF2(以前の装備再購入)キーを押すと、満タンか所持金がなくなるまでメイン弾薬を買ってしまうので気をつけよう。
ボスに対しては非常に有効で、クリティカルポイントを狙撃すればかなりの速さでダメージを与えることが出来る。

強化

対人やゾンビをする人は無課金の一般強化材でよいので威力は最低+1してほしい。
対人では威力を+1することで、ほかAWPと同じく86m以内であれば足以外の一撃死が可能になる。
ゾンビはもともと威力強化の影響が大きいので、ゾンビをやるならば威力+2がお勧めになる。
正直威力+1のマスターより威力+2のエクスパートのほうが強いので、威力が+2になったらLevelDownを恐れて強化をやめるという選択もありだ。
Barrett M95 Barrett M95 Expert Barrett M95 Master

M95ファミリー

実銃

バレット社製の対物狙撃銃、M82A1を小型軽量化したものだ。
軽量化・短縮化の際、サイズの設計上ボルトアクション方式に変更になった。
使用弾薬は50BMG(12.7mmNATO弾)で、被弾した1,5km先の敵兵の体を両断という逸話さえある強力な弾丸だ。
通常のフルメタルジャケット弾の他に、弾頭の大きさを生かした徹甲弾や焼夷弾、徹甲焼夷弾など、弾頭内に細工を施してあるものもある。
弾道も驚くほどフラットで、2500m以上のターゲットも狙えるらしい。
区分は対物狙撃銃。目的としてはほとんど(ほぼ100%)対人相手だが、左翼・平和団体・人権団体から
「戦車を撃つ弾丸で人を撃つのか!?」と非難されるのをかわすために対物狙撃銃と呼称される。
主に警察(SWAT等特殊部隊)や軍(特殊部隊)に配備され、ハイジャック犯を窓ガラスごとブチ抜く、
というような用途で使われる。その為か、747の窓ガラスも、一発で破壊できるという実銃補正付きである。

イラク戦争でも実際に運用され、高い戦果を上げたとされる。
12.7mmのアナウンスどおり、1km離れたイラク兵の体が千切れたらしい…。

※ちなみに実際だと『対物狙撃銃を対人で使うと戦犯で牢獄行きになる』との噂があるが、
実際問題国際法(ハーグ陸戦条約等)で当銃(もとい12.7mmNATO弾)を対人では使用してはいけないと
明記はされていない為、どうにでも解釈を捻じ曲げることができる。
あくまでも「必要以上の苦痛を与える兵器(ダムダム弾や化学兵器)」の使用禁止を書いているだけだ。
実際の戦闘で12.7mm弾を受けたら苦痛を感じる前にもう死んでるのだが...。
そもそも戦争では、155mm榴弾砲(砲弾重量43.88キロ)を敵兵に向けて撃っているのだから。
更に言えばこの条約は戦争状態でのみ適用される物であり、国内の犯罪者やテロリストは
その対象外であるために、(倫理的にはともかく法律的には)撃ち放題である。

使用動画

コメント欄について

実装から1ヶ月経った為、コメント欄は閉鎖いたしました。
コメント欄の取り扱いについてはトップページをご確認下さい。

過去ログ

質問は質問箱へ 情報提供・編集依頼はWiki編集相談