新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ 最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-17 (土) 21:30:44

スナイパーライフル/PSG-1

PSG-1
PSG-1

性能

通称PSG-1ゲーム内名称PSG-1
価格$4750実銃名称Heckler & Koch PSG-1
画像PSG-1威力98%
命中率98%
反動44%
連射65%
重さ71%
装弾数5保持可能弾数90(ゾンビ180)特殊機能スコープ   ゾンビ補正2倍
弾の種類7.62mm NATO(7.62x51mm)HUD7.62mm NATO価格$80/30発

2013年6月12日に中国にて実装
2013年9月24日に台湾にて実装
2014年4月17日に韓国にて実装
2015年3月11日実装

特徴

2015年03月11日より武器製造にて第5種武器設計図により無期限版が製作可能でしたが2016年7月20日に製造できなくなりました。

5発の7.62mm弾を使用するスナイパーライフルである。G3ライフルをベースに作られた半自動狙撃銃のため命中率が高く、多くの国の特殊部隊で使用されている。

高い火力で世界で最も洗練された半自動スナイパーライフルとして知られている。
その銃はWA2000などと比較されることが多いようだ。
長らく中国・台湾版のみにしか実装されておらず、日本での販売は望み薄だったが、2015年03月11日に製造可能武器の一覧にPSG-1がリストされ製造できるようになった。

射撃TIPS

対人での威力は以下のとおりだ。
36mとはルーフトップのセンターの端と端の距離である。
86mとは列車のテロベース〜キャット入口までの距離である。

距離密着(0m)36m86m
防具ありなしありなしありなし
392440378424357400
981109410689100
981109410689100
122137118132111125
828279797575

リロード時間は3.0秒とHK G3SG-1の3.5秒より多少改善している。
スコープによるダメージの変動もない。

立射でもそこそこの精度が出る。連射すると若干着弾位置がズレるが、しゃがんでゆっくり撃てばAWP並みの精度が出るようだ。ノンスコでの精度が良く、土壇場で出会い頭でもストッピングさえきちんとすればちゃんと真っ直ぐ飛ぶ。
同系統の高威力セミオートSRであるAS50WA2000と違い強化が出来ない分、WA2000に比べ威力が、AS50に比べ反動と連射精度が改善されている。
ただ同じ威力99%表記のM24より威力が低く、一発射殺は頭と腹以外だと防具がある状態では不可能だ。(M24は密着〜20m程度なら防具ありでも胴体一撃射殺が可能である。)

ゾンビ

ちなみに士気100%でのダメージは以下のとおりだ。

武器
SKULL527869698757
WA2000333838310473
AWP-Z691172172216134
PSG-1719179179224151
M82+1808202202252157
AS50+2885221221276174
M95+21077269269336207

詳しい威力の検証はこちらを参考にしてください。
PSG-1についてはダメージや性能については海外と変わらない。

AS50に近いタイプのセミオートSRだ。装弾数5発と言う辺りも、AS並みといえる。威力が若干劣るものの、リロード速度がそこそこ速い。
保持弾数も.50BMG弾よりは7.62mmNATO弾を使用する本銃の方が130発多く、連射速度の関係上全力でラウンド中撃ち続けていても弾切れしないスタミナがある。
AS50と比較して強化できない分、反動があまり大きくないので命中率ではAS50に勝り、代替品として運用することも不可能ではない。ただ強化可能で幅のある運用という点ではAS50に軍配が上がるだろう。
威力は低くはなく、HSすれば大ダメージを与えられる。
130%士気0Mで頭部が1039、胸・腕が259、足218 のダメージを与える。
そこから計算すると2倍のゾンビ補正がかかっている。ゾンビに対する影響としては硬直が強く、ノックバックはあまり強くないようだ。
連射速度があまり速くなく、装弾数も5発と少ない。ただ、無強化状態のAS50が装弾数5発と言うことを考えれば、決して扱えないことは無い。
ただその分リロードという隙が頻繁に発生するので、機動戦をするよりは味方の援護下でじっくりHSを狙うような運用が主となるだろう。
ただしセカンダリもDIFのような装弾数が多く、扱いやすいものを選ぶ必要もあるだろう。

ゾンビサバイバル

デッドエンドの最初の壁を相手に次のような結果が出た。

武器PSG-1
Lv189

更なる威力検証はこちらを参考にしてください。

WA2000との比較

WA2000と比べると次のような点がある。

+  比較内容を見る。

実銃

1970年代にドイツのH&K社がG3をベースに開発した、世界に誇るセミオート式狙撃銃である。
PSG1とはPräzisions Scharfschützen Gewehr-1(Precision Sharpshooter Rifle:精密狙撃銃)の略である。 G3/SG-1と同じくして、生産されたG3の中から精度の高い個体を元に改装した狙撃銃だ。 WA2000同様高い精度、速射性を備えた高性能ライフルであるが、デリケートで重いために運用するのに制限を受けてしまうが、それに見合う性能があるため、対テロ部隊や、一部の米軍特殊部隊などに配備されている。
なお、現在は一部パーツをG3のものにしたり、軽量化を行ったりした廉価版であるMSG-90もH&K社より販売されている。
こちらは米海軍の特殊部隊のSEALsにも若干リ改良を加えたMSG-90A1が採用された。
なお、同コンセプトの銃としてWA2000が存在するが、WA2000はあまり買い手がつかずに生産が打ち切られたようだ。
本銃の最大の特徴は精度の高さだが、当時は世界最高水準の精度であっても現在となっては同等、あるいはそれ以上の精度を持つセミオート狙撃銃が多い。
その事もあってか、PSG-1を使用する軍は現在ではごく一部であり、基本的には警察組織の特殊部隊等が使用するケースが殆どとなっている。

使用動画

コメント欄について

実装から1ヶ月経った為、コメント欄は閉鎖いたしました。

過去ログ

質問は質問箱へ 情報提供・編集依頼はWiki編集相談