新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ 最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-11 (月) 18:51:15

スナイパーライフル/SVD custom

SVD Custom 通常モード
SVD Custom グレネードモード
SVD Custom キルログ

性能

通称SVDCゲーム内名称SVD Custom/GL
画像SVD Custom/GL性能
威力480%
命中率100%
反動54%
連射75%
重さ48%
装弾数通常:20
グレネード:1
保持可能弾数通常:180
グレネード:10
特殊機能グレネードランチャー
弾の種類(1)7.62mm NATO(7.62x51mm)HUD7.62mm NATO価格($80/30発)
弾の種類(2)40mmグレネードHUD40mmグレネード価格($300/5発)

2009年12月15日実装

特徴

威力と装弾数と連射速度を向上させた上にグレネードランチャーが追加されたSVDである。
画像は上が通常モード、下がグレネードモードである。
連射単発問わず命中精度に優れ、威力も480%という超威力を誇る名実共にCSO最強の武器だろう。
ゾンビにとって、黒AKをも上回る鬼畜武器として君臨している。
右クリックでグレネードランチャーモードに切り替え可能だ。(スコープは無い。)
通常弾は数発でノーマルゾンビを葬り去れるほどの威力と吹き飛ばし効果がある。
グレネードを発射すると白煙を引きながら飛んでいくので、発射位置と狙った対象が、他者から見てもはっきりとわかる。(もちろんゾンビにもわかる。)
グレネードモードへの切り替え及びグレネード発射後次弾装填までに隙ができるので要注意だ。
狙撃はもちろんヒーロー時の機動力の高さと併せて威力偵察のようなこともできるが、ゾンビの群れを一人で絶滅させられる程強力というわけではないので過信は禁物である。
威力・命中等の武器性能だけを見ると凶悪なゾンビキラーだが、通常モードでは発射間隔の特徴から逃げるには適していない。グレネードモードは論外である。
追われている場合はセカンダリのDE2丁の方が逃げやすい。
上記のことからも、逃げには不向きなため「安全な場所に篭り、襲い掛かってくるゾンビを迎え撃つ」
と言った戦術が一番いいだろう。
折角のヒーローも使用者の腕次第で、文字通りヒーローになることもあれば、ゾンビの餌で終わることにもなる。
ちなみにダイモスのスキルである「衝撃」を受けても、この武器を落とすことはない。
籠り場の最前線に立ち、ダイモスのスキル「衝撃」をわざと受けて盾になるのも良いかもしれない。
ちなみにピカティニーレイル増設の上のホロサイトは使用不可能だ。
またグレネードモードのとき武器を切り替えて持ち直すと通常モードに戻るが、これをしても意味はなく普通に切り替えたときとかかる時間に変わりはない。ただしランチャーを撃ったあといったんDE2丁に持ち替えて攻撃し再びSVDに持ち替えて撃つといった戦い方もできなくはない。
また、移動速度がTempestScoutを抜くほどの速さだ。
しかし、逃げには使いにくいので、軽くてもあまり意味がない。

射撃TIPS

  • 通常モード
    ヒーローの主砲。
    「ドンッドンッドンッ・・・」と言った遅めの連射力の為扱いには注意したいが、ノックバックが強烈なので(当てさえすれば)実質ゾンビが近づく事は出来ない。
    ただ、上記の通り連射速度は上がっている為、連射速度=G3>本銃>SVD程度である。
    スコープがないため遠距離を狙うのは、少々難しいが凄まじい破壊力を考えると子ゾンビであればたった数発当てるだけで昇天してしまう。
    胴体に当たったとしても平均一発500近いダメージを受ける(与える)為、マザーゾンビであっても油断は禁物だ。
    測定によると、至近距離で頭に当てた場合ノーマルマザーゾンビに対して攻撃力100%の状態で、チョッキありの場合1131、なしの場合は1616ものダメージを与えることができる。
    精度も反則級で、黒AKより更に良くリコイルコントロールは不要といっても過言ではない。
    人間側の最終兵器のような存在なのでヒーローのリロード時は、ぜひみんなで守ってあげたいところである。
    もともと凶悪な性能を誇る銃であるが、HS士気100%でも1500位であり、士気が上がると更にその凶悪さを増し、HS一発4〜5000ダメージなども当たり前のように出せるようになる。
    結果、普段は(人間の武器構成にもよるが)不死身とも思えるマザー(ヒドゥン)ブードゥーにとっても正面突破を仕掛けることは自殺行為と思える程になる。
  • グレネードモード
    ほぼまっすぐ直進する手榴弾(実際は榴散弾だが)、と考えるとわかりやすいかもしれない。
    次弾装填に時間が掛かるため、このモードでゾンビの強行突破を防ぐのには少々無理がある。
    味方にマシンガンなどがいてゾンビの集団を足止めしてもらえる、といった状況ができるとボーリングのストライクをしたような爽快感が味わえる。
    基本、グレネードにヒットストップという概念はないが、ヒーローの場合は別で足元に撃ちこむとゾンビが真上に跳ね上がるのでわずか1〜2秒程度だがその間だけはゾンビが動けないので無理やり言うならヒットストップがある。
    ただし、爆風でゾンビが吹っ飛ぶので下手に足元に打ち込むとゾンビが凄い勢いでこっちにすっ飛んできて篭り場所を自らの手で崩壊させてしまうのであくまでも遠距離の策的、もしくは吹き飛ばない場所(アビス2のダクト内等)で使うといい。
    だがうまくいけば高台に上ってきたゾンビをもう一度下にぶち落としたりできる。
    通常モード以上に扱いが難しいため、使いどころには注意したい。
    また、爆風を自分で受けるとダメージがあり、最悪自殺してしまう事があるので近場では撃たない事である。
    しかし、緊急時は自分の足元に撃つことにより、近づいてきたゾンビと自分ものとも吹き飛ばし、距離を空けることができる。もちろん自分は死んでも笑い事になるが、篭り場を崩壊させようものなら、蹴られかねないので、周りは確認しよう。
    つまり遠〜中距離のゾンビに撃つとまるで芝刈りのようにゾンビが死んでいく。

ちなみに士気100%でのダメージは以下のとおりだ。

武器
M134 Vulcan22656567056
Dual Kriss Custom465141141171145
SVD custom1131367->282367->282456->353303
Quadbarrel1310331331409307

詳しい威力の検証はこちらを参照してほしい。

ヒーローとヒロインが選択できる武器

韓国にて2015年06月25日に、日本では2015年07月01日にゾンビモードの拡張が行われた。
その際ヒーロー武器2種(M134 Vulcan、Dual Kriss Custom)が追加され自分が希望する英雄の武器を選択あるいは解除することができるようになりました。
ヒーロー武器4種を持った場合、[e]ボタンつき補給箱で武器を購入することはできません。

SVD Custom/GL Quad-barreled shotgun Dual Kriss Custom M134 Vulcan

+  武器選択画像

使用動画

実銃

SVDにM203グレネードランチャーを追加したモデルだ。
SVDそのものも高威力な弾丸を使用する上、M203は大抵のライフルサイズの銃には装備できるため、あながちゲームオリジナルというわけでもない。
勿論実在はしないが、SVDの銃口にマズルブレーキ、上部のスコープを外しピカティニーレイル増設の上、ホロサイトを装着、M203を装着すれば外見はそれなりに似たものになる。

コメント欄について

実装から1ヶ月経った為、コメント欄は閉鎖いたしました。
コメント欄の取り扱いについてはトップページをご確認下さい。

過去ログ

質問は質問箱へ 情報提供・編集依頼はWiki編集相談