新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-21 (日) 16:36:00

スナイパーライフル/Thunderbolt

Thunderbolt
Thunderbolt キルログ
+  武器ペイント
+  強化後武器

性能

通称レールガン,サンボル,TBゲーム内名称Thunderbolt
価格$6500実銃名称--
画像Thunderbolt威力100%
命中率100%
反動70%
連射0%
重さ58%
装弾数1保持可能弾数20特殊機能特殊スコープ Co-op,ゾンビ補正
弾の種類BatteryHUDBattery価格$180/1発

2012年12月5日実装

特徴

暗号箱限定武器
2015年04月08日までは暗号解読機で暗号箱を開くことによって入手が可能だった。
2015年04月08日から2017年01月11日まで暗号解読機コードMで暗号箱を開くことによって入手が可能だった。
2017年05月10日 メンテナンス後 〜 05月24日 メンテナンス迄、この中の誰かがゾンビ!? ゾンビ射的!?の褒賞として無期限が2個入手できた。

電磁エネルギーによって弾丸を加速させ、超音速で発射するレールガンである。
けた違いの破壊力と貫通力を誇るが、非常に重いため連射することが不可能という短所を兼ねている。

AWPなのでAWP戦で使用可能であり、AWP禁止で使用不可能である。

途方もない破壊力と貫通力を誇るが、その代償として重く、連射が利かない欠点がある。
アーマー貫通力が凄まじいのか、アーマーによるダメージ軽減は殆ど無い。

スコープ使用時に敵がスコープの中心に入ると「ピピピ」というブザー音がする。
この音は使用者以外にも聞こえる為、音で居場所などがばれてしまう恐れがある。
また、撃った後に弾の軌道が青い筋としてくっきりと残る。しかも貫通力の高さが仇となりかなり遠くまで届くので、居場所がばれてしまう恐れは音以上に高い。少なくとも使用武器は確実にばれる。相手に情報を与えてしまうと言う点においては大きな欠点と言えるかもしれない。
その上弾数が少なく、弾丸が青表記の武器なのでどのゲームモードでも保持可能弾数は増えない。全武器中でも屈指で弾切れに注意が必要な武器だ。
居場所がばれやすい事と弾数が切れやすい事を踏まえると、慎重な運用が求められる武器と言えるだろう。

後に補給型レールガンであるLightning Railが登場した。いわゆる「劣化武器」である。
このページの「Lightning Railとの比較」という項目で簡単に比較をしてある。詳細はLightning Railのページを参照してほしい。

2016年10月26日にライフ武器になり、無課金でも使用することが可能になった。

余談だが、この武器の略称の一つである「TB」はトリプルバレルでも稀に用いられる場合がある。
基本的に状況や前後の文脈などで判別が可能だろうが、一応頭の片隅にでも入れておくといいかもしれない。

射撃TIPS

対人でのダメージは以下の通りだ。
36mとはルーフトップのセンターの端と端の距離である。
86mとは列車のテロベース〜キャット入口までの距離である。
114mとはレクイエムの端と端の距離である。

Thunderbolt
距離密着36m86m114m
防具ありなしありなしありなしあり
551552551552551552551
137138137138137138137
137138137138137138137
172172172172172172172
103103103103103103103

威力表記は100%になっているが、実際には胸で138ダメージと、120%程度に相当する威力がある。
驚くことに本銃には距離減衰という概念がまるでなく、防具もものともしない脅威の破壊力を持ち、全部器でも珍しく全距離において全部位一撃即死である。(ただし壁抜きによる威力減退は存在する。)
レールガンの名は伊達ではない。

ノンスコでも弾が真っ直ぐ飛ぶが、カジュアルサーバーでもストッピングをしないと弾が真っ直ぐ飛ばないので注意が必要だ。
凄まじい貫通力を誇り、最低10人まで貫通することを確認した。(ただし後のアップデートにより変更された可能性があります。要検証。)
撃った弾の軌道は壁を何枚でも貫いて届くが、ある程度の厚さの壁を貫通したあとは弾の当たり判定自体はなくなる。しかし青い筋で非常に目立つ為、居場所がばれる恐れがある事は留意しておいた方が良いかもしれない。
単発リロード方式により連射速度は遅いが、他の多くの単発リロード方式の銃と同様にリロードモーションを見る必要はない為、その間に他の装備で応戦する事ができる。
ちなみにリロード時間は2.5秒でかなり優秀な方である。
ただし、取り出しがかなり遅く、重さもかなりある為、立ち回りなどを気を付けなければならない。複数の敵にこの銃で対応するのはまず不可能である。

ゾンビサバイバル

デッドエンドの最初の壁に密着して検証してみたところ次の表ような結果が出た。

武器Gae BolgSavery黒龍ThunderboltAT4CSBR11Plasma GunCBLaser MinigunBattle Hecate II
+0+3スコープなしBCS弾Charge通常CHARGE30
Lv11260313847900144034570579-801032-10336921001793
Lv112520626-1801-69014101592067138--
Lv153024751-2160-82816921912479165--
武器AKSK3(A)BR7SK6SK7SK8SK3(B)BR3BR5SK5SK11(B)SK4SK11(A)
Lv01131722-2330243130314766667177
Lv11313344-45614863636392133131142155
Lv1537395373587675+175111160158171186

※攻撃力Lv1(100%)、Lv11(200%)、Lv15(240%)での検証結果です。
更なる威力の検証はこちらを参照してほしい。
co-op補正があり、壁破壊においては1発当たりの威力があの黒龍砲をも少しだけ上回る威力がある。

連射速度は黒龍砲よりも大分早いため、普通に撃つ分には、壁に対する威力では全武器中No3の実力を誇り(No1… Gae Bolg 、No2 …Compound Bow)、デッドエンドの最初の壁に対して攻撃Lv15で29秒で破壊することができた。(同条件で黒龍砲は39秒である。)
また、黒龍砲と異なり遠距離からの壁の狙撃や壁抜きなども駆使できる為、上述したNo3の威力も合わさり、壁のあるMAPでは本銃を持った人間がいるといないとでは進む速度に雲泥の差が出るほどである。
特にSeason3のファーストコンタクト明らかになった脅威では頼もしい味方となる。
ただしファーストコンタクトに登場するVANGUARDのガラスは貫通しない。(一部のものは破壊は可能だ。)

尚、黒龍砲では有効だった「撃つ→SK9に切り替えて斬りつける→戻して撃つ」作戦についてだが、この銃に関しては取り出しが遅いのと連射速度が早い為、意味が無い。(むしろやると遅くなる。)
ただし、青龍刀のプライマリでならば、SK9より取り出しから攻撃までの時間が短い為、少しだけ普通に撃つよりも早く壁を削れる。
雑魚処理に関してはAWPよりは使える、という程度のレベルで使い物にならないが、中ボスに対しても凄まじい威力を誇り、DGHのヒュージからアングラネストデコイのダイモス、ガニメデ、トラップのパーサーまで、攻撃力が上がっていればHS一発で沈めることができる。これにより中ボス処理がかなり楽にでき、生存率を上げることができる。

また、ボスに対してもデコイのレヴナントを除いて全武器中No2の火力を誇る。 (一応、デコイのレヴナントに対しても正確に弱点を撃ち続ける事が出来ればTBがNo1だが、AT4CS以上のダメージを与えられる程に正確に弱点を撃ち続けることは極めて難しい為、AT4CSの捨て撃ちの方が有効だと言える。)
20発で260k-420kのダメージを与えられる。(レヴナントは例外で、160kほどだ。)

ボスの弱点をピンポイントに撃てば、たった1発で甚大なダメージを与える事が出来る。
特にカオスのフォボスや背後の敵のラスティスコーピオン等は弱点に1発当てるだけで、80k近くもの非常に高いダメージを与える事が可能である。 時間あたりの火力でもAT4CSを上回り、値段も安い為、本銃を配布すればボスを楽に攻略する事ができる。
しかし取り出しが遅い為、黒龍砲AT4CSのように捨て買いで壁を超速で破壊したり、捨て買いによる一瞬でボスの体力を削る、ボスへの攻撃と同時に雑魚処理をする、などの芸当はできない。

ノンスコでも真っ直ぐ弾が飛ぶが、「カジュアルサーバーでもストッピングをしなければ真っ直ぐ飛ばない」という欠点もあるため、例えば中ボスから逃げながら攻撃したり走りながら防壁に攻撃したりする時には注意が必要だ。
ただし、ブレるとは言ってもそこまで明後日の方向に飛びまくるわけではないので、体の大きなボスや防壁にはある程度近づけば走りながら撃っても問題なく当たる。ただしジャンプしながら撃つと全くもって当たらない。
ちなみにこの銃はスコープ展開中でも移動速度の低下が無い。

また、ボス戦でAT4CSを使う時にありがちな「雑魚処理のためにHGなどに切り替えたせいでリロードが中断ささりやり直しになる」というストレスから開放される点も嬉しい。

セカンダリには、雑魚に囲まれた際の回避手段としてM79系統やBR1が相性が良いだろう。

余談だが、攻撃力カンストした状態でこの銃で防壁を撃つと(防壁によって値に違いはあるが)耐久値の減る量が1000や2000などキリのいい数字になることが多く、気持ちがいい。

ヒューマンシナリオ

M95をも大きく上回る補正がかかっており、どのMAPにおいても(例え敵が固いモスクにおいても)雑魚は一撃、タイタンもHSで一撃で倒せる。だがタイタンロードは二発なので注意が必要だ(と言っても他の武器より簡単に倒せる事に変わりはない)。
ボス相手にも非常に有効で、Barrett M95の二倍近い速度で削る事が出来る。
更に、このモードにおいても防壁を壊す速度はトップクラスであり、特に防壁の多い地獄の業火では本銃があるとサクサク進むことが出来る。

前述の通り、走り撃ちでは命中しないのでストッピングは必須だ。
また、雑魚相手に本銃を使うのはやめた方がいいだろう。連射速度の遅さと、一発あたりの弾の価格を踏まえるとかなり効率が悪いからだ。また、タイタン等の硬い敵以外なら無課金武器でも割と簡単に倒す事が出来るので、非常に高い威力を誇る本銃を使うのはオーバーキルとなってしまう。
タイタン等の硬い敵は基本的に収入が多いので尚更相性が良い為、そちらを狙う事をお勧めする。

ゾンビ

弾丸が青表記の武器のため、アイテムによる弾の増量が無いので注意が必要だ。
約5倍の補正がかかっており、士気100でヘルメット有ノーマルマザーに密着HSで2482(パーセンテージにして約600%)と、SVD customすらも大きく上回る脅威の単発威力を誇る。
マザーゾンビで体力があったとしても油断していると一発でかなり削られる。
士気が上がった状態だと一発で7,000以上食らうことも珍しくなく、ゾンビ側からすると非常に脅威である。
連射速度はBarrett M95よりも少し遅いが、無強化状態のBarrett M95は5発ごとのリロードが必要なのに対し、本銃は武器切り替え等を駆使すれば立て続けに20発撃てるので、時間あたりの発射数は無強化状態のBarrett M95を上回る。
もっとも、そのおかげで20発というただでさえ少ない装弾数を使い切るのがかなり早い。補給箱を取る、確実に当てられるタイミング以外はHG等で応戦する、等の運用を徹底しなければあっという間に弾切れになってしまうので弾数調整はしっかり行う必要がある。

ヒットストップとノックバックはAWPに比べると若干弱く(AS50程度)、足止め能力は殆ど無い。
前述の取り出しの遅さや重さ、ストッピングを必須とする特性などがある為、篭り場の外などで単体でゾンビと遭遇した時の使い勝手はスナイパーライフルの中でもずば抜けて悪い。
基本的に他人のサポートがある状況で、出来れば篭り場の中で使うのがいいだろう。
尚、もし篭り場の外などで単体でゾンビと遭遇した時は、ただちにセカンダリ武器に持ち替えるべきである。

また、留意すべき仕様として「ゾンビに致死量のダメージを与えた際にそのダメージで怒りゲージがMAXになった場合、死亡よりも進化が優先される」というものがある。
これにより、士気がかなり上がった状態で頭に当てると子ゾンビが死ぬ前に進化してしまう、という厄介な現象が頻発する。
他の武器なら倒せたところなのに…と思わせられることもしばしばだろう。こればっかりは「諦める」か「相手の体力を予想して当てる部位を変える」かしか対処法は無いので好きな方を選ぼう。

ちなみに士気100%でのダメージは以下の通りだ。

武器
SL8(RB後)19135354448
SKULL527869698757
SCOUT(RB後)332848410574
WA2000333838310473
M24(RB後)45311411414390
AWP(暗号箱武器補正後)880220220265220
TRG42(RB後)517130130163100
XM2010(RB後)529133133167103
M200(RB後)553139139174107
AWP-Z691172172216134
M82+1808202202252157
AS50+2885221221276174
M951022255255319201
M95+21077269269336207
Vandita1098+
(20*5)
273+
(20*5)
273+
(20*5)
343+
(20*5)
227+
(20*5)
Lightning Rail1230417417527256
Gae Bolg2027590590710490
Compound Bow 通常弾333838310464
Compound Bow チャージ弾2102525525657404
Thunderbolt2482620620775465
Thunderbolt+3?769769??

詳しい威力の検証はこちらを参照してほしい。

Thunderboltファミリー

Thunderbolt Lightning Rail

Lightning Railとの比較

 Lightning RailThunderbolt
威力100%100%
命中率100%100%
反動68%70%
連射0%0%
重さ56%58%

リロード速度などはLightning Railとほぼ同じだ。

性能以外に関しては、見た目が似ているもののかなり異なる点がある。
また、同じ種類の弾丸を使用しているのにも関わらず、撃った弾の軌道の色も違う。

武器強化

Thunderbolt 専用強化材
Thunderbolt 専用強化材
Magnum Drillを強化するのに必要な材料。この強化材を使用すると、[+6]まで強化が可能である。
※ Thunderbolt 専用強化材での強化は失敗しません。
(+6) Thunderbolt Chimera

武器ペイント

詳細は武器製造/武器ペイントを参照してほしい。

実際にペイントした場合の見た目武器説明
Thunderbolt リーフグリーン電磁エネルギーによって弾丸を加速させ、超音速で発射するレールガンである。けた違いの破壊力と貫通力を誇るが、非常に重いため連射することが不可能という短所を兼ねている。リーフグリーンの絵柄が特徴的である。

実銃

しばしばSF作品などに登場する、おなじみのレールガンである。
電磁気の力を利用し、ローレンツ力によって弾丸を加速して飛ばす。
元々はSDI(戦略防衛構想)で計画された、物理的なエネルギーを用いて弾道ミサイルや敵国の衛星を破壊する為の大型砲だ。
レールガンそのものは既に存在しているが、兵器として実用的なレベルのものは未だに開発されておらず、人間が担いで走り回るなどもっての外である。
なお、この銃のデザインは映画「イレイザー」にでてくるレールガンが元となっていると思われる。
外見もそうだが、スコープのレティクルまでほとんど一致している。(映画の方でもスコープの中心に標的が入ると赤く変わる)
現在はアメリカ海軍がズムウォルト級ミサイル駆逐艦に搭載すべく開発していたが、ズムウォルトが起工してもまだ実用化されてないため、本当に搭載されるのかは不明だ。計画では重さ15キログラムの砲弾を初速マッハ7で発射し、370キロメートル以上離れた目標にマッハ5で着弾、その運動エネルギーで破壊するというとんでもない兵器である。
他にも、ジェラルド・R・フォード級航空母艦にレールガンの理論を応用した航空機加速用カタパルト(電磁カタパルト)が搭載される予定だが、技術的問題から搭載されるかは不透明である。
しかし、レールガンよりは実用化に近い位置にあり、近年中にも搭載されている姿を見ることが出来るかもしれない。

使用動画

+  そのほか

(+6) Thunderbolt Chimera

+  そのほか

コメント欄について

実装から1ヶ月経った為、コメント欄は閉鎖いたしました。

過去ログ

質問は質問箱へ 情報提供・編集依頼はWiki編集相談