新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ 最終更新のRSS
Last-modified: 2014-02-04 (火) 15:38:12

ゾンビ系モード専用/ディオーネ

ディオーネ 2011年09月28日猛毒の傷のボスとして実装

ProtoType Dione / プロトタイプ・ディオーネ

ゾンビサバイバル:Season2の第一ステージ・猛毒の傷のボスゾンビである。
および、Season2の第二ステージ・地下水路に攻撃役として登場する。
弱点は赤い胸の部分で、毒ブレスや触手による広範囲攻撃をする。
見た目以上にかなり硬いため長期戦になりやすい。
だが、AT4CSの実装で、短時間で倒すことも可能になった。
オべロン戦よりもゾンビの数が多く、フォボスとは違い、遠距離攻撃を行うため、攻撃を避けるのが難しい。

攻撃

触手攻撃

ディオーネの中でもっとも多く行う攻撃。触手が出てくるところは黒くなる。
序盤はディオーネの向いている方向に三叉状に触手がでるよう攻撃してくるが、
体力が半分くらいになると、全方向に2回放つようになり、
また、プレイヤーの移動に沿って攻撃する、より強力な触手攻撃の二種類を行うようになる。
当たると空高く吹き飛ばされ、落下ダメージも受けてしまう。
その場にしゃがむことで触手はほとんど回避可能だが、稀に即死することがある。
予備動作中の腕には攻撃判定があるため注意。うまく前方に回ってしゃがみながら撃てば攻撃のチャンスだ。

かみつく

主にプレイヤーが近づいた時に行う攻撃で、2回連続でかみついてくる弱攻撃である。

毒液攻撃

前方(といってもほぼ180度近い)に向かって毒液を吐き出す攻撃である。
食らうと毒による持続ダメージを受ける。 その持続ダメージはボスの体力によって30〜50に変動する。
この持続ダメージでは、直接死ぬことはない(HPが1だけ残る)。
溜めの動作があり、この間にディオーネの後ろにいかないと大ダメージは避けられない。
ちなみに、毒液はタイミングよくジャンプすることで回避できることがある。
毒液が地面に降りかかる時には最も高い位置にジャンプしておけるように調整するのが避けるコツだ。
また、ディオーネの真正面にしゃがんで侵入すると毒液に当たらず、さらに胸部も狙いやすいがリスクは高い。
また、毒液を食らうと移動速度まで遅くなるので、触手攻撃を受けやすい。注意が必要だ。
そして、体力が約半分以下になりソイによる告知が出たあとは、毒液の範囲がディオーネ側にやや広がる。

回転攻撃

毒液攻撃をした後に行うことが多い攻撃。その他の場合にもすることがある。
たまに武器を落とすが、ダメージが増幅しないため、
序盤から終盤まで雑魚ゾンビの一撃と同等のダメージしか受けない。

突進攻撃

至近距離で当たれば間違いなく一撃必殺である。
ただ、フォボスと違い、かなり近くにいないと当たる心配はない。

攻略法

近距離戦は突進攻撃以外怖くないので、接近戦で効率よくダメージを与えていくのがよいだろう。
序盤はディオーネの裏を取るように立ちまわるとよい。
だが、終盤になるとそうもいかない。
後半の強力な触手攻撃は、発動までに時間があるため、壁際の黒くないところまで行き、
雑魚ゾンビを倒しながらやり過ごすと、触手攻撃も当たらず、ダメージも少なくて済む。
普通の触手攻撃は全体攻撃になり、発動までの時間が短いため避けづらいので、
黒くないところを瞬時に見極めなければならない。
毒液攻撃は、ダメージを負うごとに徐々に威力と範囲が広がっていくため当たれば、
持続ダメージもあるため、生き残れないと思っていい。
だが、広大な範囲といえども、後ろには届かないため、毒液を溜めている間に後ろに回ればいい。
ただ、ディオーネの背後が壁だと避けにくくなるので注意が必要だ。

弱点

胸の赤いところが弱点になる。

シージタイプ ディオーネ
2012年03月14日地下水路のボスとして実装

SiegeType Dione / シージタイプ・ディオーネ

ゾンビサバイバル:Season2の第二ステージ、地下水路にて確認されたディオーネ変異体だ。
体表が黒く変化し、背には紋様が刻まれて(浮かび上がって)いる。
現時点ではこちらから戦闘をする事が出来ない為、詳しい攻撃方法は不明である。
防衛戦(生存:地下水路)中にプロトタイプ・ディオーネが完全体へ変異したとの無線がある為、確定ではないが恐らくこの形態がシージタイプなのだと思われる。

参考動画

7:00あたりからボス戦

コメント欄について

質問は質問箱へ 情報提供・編集依頼はWiki編集相談