新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ 最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-24 (土) 21:29:29

バンガードカンパニー

概要

謎の武装集団だ。
兵科や役割が分かれており、スキンは以下の画像だ。
ちなみにBOTモードのBOTよりAIM・リコイルコントロールは下手である。(ノーマルモード)
アーマーのダメージ吸収性能が異常なほど高いが、ゲームなので気にしてはいけない。
また、爆撃ダメージに対する耐性が非常に高く、HEやAT-Lanceのダメージを激減させる。
でもなぜか空爆支援は有効という不思議だ。

ちなみにタイタンは体力が高く、その上位のタイタン・ロードはもっと体力が高く、倒すのに苦労する。
その分倒した際に手に入る金の量は高い。

ボス

XT-300 コマンチ オスプレイ

トゥルーパー

トゥルーパー

装備:M14EBR HE複数
M14EBRを装備した歩兵だ。カンパニーの部隊では一番数が多い基礎兵種だ。
ただ射撃をするだけではなく、遮蔽物の後ろに隠れているプレイヤーをHEであぶりだしてくる。
こちらに与えるダメージは低いが、その高い移動速度を活かし、連続でHEを数個投げてくる戦闘スタイルはプレイヤーにとって大きな脅威となるだろう。
暗号箱から出てくる元SAS特捜部隊員に似たのがいる気がするが、それは目の錯覚である。

ゴースト

ゴースト

装備:AWP camo
目に付きにくい部屋の隅や屋上からAWPで目標を狙撃する狙撃者である。
彼らはこちらに高いダメージを与えることが出来、命中率も高い。
チョッキを2発で破壊するくらいの攻撃力をもつ。
彼らに対抗するには、こちらもスナイパーを持ち出して対決するか、相手の弾道から相手の位置を判断して、早急に排除しに行くしかない。
AWPの射撃時に白く細い線(弾道)が出るので、察知は意外と簡単だ。
撃つ前に高確率でスクワットをしてくる為、地味に当てにくい。

ランサー

ランサー

装備:AT-Lance(ロケットランチャー) レーザーポイント
範囲攻撃が可能なロケットランチャーを使うランサーは、迷惑この上ない相手である。
地味にダメージが高く屋上にいると気がつくと狙われているので注意しよう。
彼射撃時に赤いレーザーポイントでこちらをロックオンしてくるので察知は容易だ。
ロックオン時には「キュイイイイイン」という音がするので攻撃が来る。
チャンスを逃さず、すかさず排除しよう。

タイタン

タイタン

装備:M134 SG(スモークグレネード)複数 サーマルゴーグル
M134を装備した重装甲の兵士だ。体力が高く、硬い上にM134で脅威の制圧射撃をしてくる。
ただ撃つだけではなく、SGで煙幕の後ろに隠れながら、サーマルゴーグルでこちらを一方的に攻撃してきたりする。
彼との正面衝突はなるべく避けよう。
(しかし金が結構入るため、出たらヘッドショット連発で撃たれまくるかわいそうなやつである。)
なお、M134のショットは連射しっぱなし、ではなく、ガガガ、ガガガ・・・と切撃ちするのが特徴であり、他の敵に比べてショットの正確性が高いようだ。
体がでかい癖してしゃがみながらかなりの距離のジャンプをする。足がどこかいかれてるとしか考えられないがゲームなので気にしてはいけない。
討伐時の取得金額の高さ(ノーマルでも1000$〜2000$、中ボス級で5000$)や、イベントの影響で人気のスキンでもある。(※地獄の業火では中ボス級を倒すと10000$手に入る。) 討伐時の取得金額の高さ(ノーマルでも1000$〜2000$、や、一日任務の影響で人気のスキンでもある。

タイタン・ロード

タイタン・ロード

装備:(現在確認されているもの)M134 SG(スモークグレネード)
2011年11月9日のヒューマンシナリオ、リニュアール時に中ボスとして新実装された新キャラクターである。
性質自体は上記にある「タイタン」とはほとんど変わりない。
しかし、耐久力がかなり上がっているらしく、並みの攻撃ではすぐには倒せない。
だが、コイツは普通らしく、しゃがんだままイカれた距離をジャンプすることはほぼない。
その前にすぐ倒されるが。
また見た目が他のタイタンとは違いかなりごっつくなっているので見分けるのは容易だ。
ちなみに倒すと6000$手に入る。
また、タイタン程の頻度ではないが、スモークも投げる。

コマンチ

コマンチ

装備:20mmガトリング 70mmミサイルランチャー二門
砂漠の嵐・地獄の業火のボスはコマンチをベースに設計された武装ヘリだ。
ゲーム内の武装は、20mmガトリング二門に70mmミサイルランチャーだ。
普段はガトリングで掃射するだけだが、時々レーザーポイントでロックオンしてくる。ミサイルを使う前触れだ。
ミサイルはモロに食らったら死ぬ、耐えても瀕死になるので確実に回避しよう。
どうやら有志の検証によると、胴体部よりもキャノピー部の方がダメージ率が高いようだ。(体感で1.2倍程だ。)
また、要検証ではあるが、後部キャノピー側面が最もダメージ率が高いようである。AIM力に自信がある方は是非後部キャノピーを狙ってみて欲しい。

ちなみに台湾プレイヤーの感想は「フォボスより強い」らしい。
ただしこの感想は改変前の話だから、今は仕様がかなり違うので比べようがない。

実物はアメリカが80億ドル近い開発費をつぎ込んだ試作型有人ステルス偵察ヘリである。
でも結局は試作型のまま配備されずに終わった。

実物をより詳しく知りたい方はこちらへ↓
RAH-66 コマンチ (航空機)- Wikipedia

ドローン

ドローン

装備:ミサイル 機銃
ブレイズのみ登場する雑魚敵である。雑魚とはいえ、数がやたら多くすばしっこい。
しかし耐久力は他のモードのトゥルーパーより弱く、SL8数発で沈む。だが当てづらいので、弾幕で処理したほうが効率よく倒せる。
一瞬止まるので、そこをすかさず狙おう。
ミサイルは意外と硬く、命中すると結構ヘリのHPを持っていかれる。さほど速度は速くないので、MG持ちがいたら彼等に処分してもらおう。

オスプレイ

オスプレイ

装備:ドローン
ドローンを撒き散らす航空機。ブレイズではボスとして登場する。
機体下部に機関銃を装備しているが、コマンチと違い直接プレイヤーを攻撃してくることはない。
また、M95などの補正がかかった武器でコックピットに弾を当てると、すごい勢いでHPが減っていく。

実物は米軍が仮採用した輸送機で、日本では沖縄の普天間に配備されるという計画がある。
既存のヘリと比べて航続距離がとても長いそうだ。
なお最近のことだが、山口県の岩国市に陸揚げされ、死ぬほどニュースになっているが、墜落が多発しているため、おそらく当面は飛行は自粛するとのことだ。

実は最大積載量まで積むと垂直離着陸できなくなり,滑走路を使い飛ぶ。
ティルトローター機なのにヘリコプターと一括りされたり、在日米軍基地に配備予定のMV-22と事故率の高いCV-22が同じ扱いだったり、燃料切れが原因の事故も機体性能のせいにされたり結構可哀想な機体だったりする。

実物をより詳しく知りたい方はこちらへ↓
V-22 オスプレイ (航空機)- Wikipedia

XT-300

XT-300

装備:ガトリングガン二門 ミサイルポッド二門 火炎放射器二門
サイドワインダーにてバンガードカンパニーが投入してくる二足歩行型の大型ロボットである。
とてつもなく硬く、AT4CSやBarrett M95でも僅かにゲージが削れる程度である。
攻撃も非常に強力で、近距離攻撃[火炎放射]、中距離攻撃[マシンガン]、
遠距離攻撃[ミサイル爆撃]の三種類の装備でプレイヤーを苦しめる。
某核搭載二足歩行戦車に似ている気がするが、それは目の錯覚である。

コメント欄について

実装から1ヶ月経った為、コメント欄は閉鎖いたしました。

過去ログ

質問は質問箱へ 情報提供・編集依頼はWiki編集相談