新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-03 (火) 18:56:49

マシンガン/MG36

MG36
MG36 ズーム
MG36 キルログ

性能

通称MG36ゲーム内名称MG36
価格$3500実銃名称MG36
画像MG36威力29%
命中率83%
反動81%
連射91%
重さ74%
装弾数100保持可能弾数200特殊機能ズーム
弾の種類5.56mm NATOHUD5.56mm NATO価格$60/30発

韓国において2011年3月3日実装
2011年5月18日実装

特徴

2013年4月25日メンテナンス後 〜 5月15日メンテナンス迄、ゴールデンキーの褒賞アイテムとしても入手可能であった。
2015年04月08日まではコードA解読機で暗号箱を開くことによって入手が可能だった。
2015年04月08日から2017年01月11日まで暗号解読機コードMで暗号箱を開くことによって入手が可能だった。
武器製造にて第5種武器設計図により無期限版が製作可能でしたが2016年7月20日に製造できなくなりました。

100発の5.56mm弾を使用する軽量のマシンガン。ドイツの正式ライフルであるG36の分隊支援火器モデルに位置し、ライフルと同様の安定した命中率に加え、100発の連続射撃が可能という長所を持つ。

オリジナル向けのマシンガンで、MGとSMGの性質を併せ持ったような銃だ。
P90を更にマシンガンに近づけたような性能、あるいは軽量化され装弾数の下がったMG3といえば分かり易い。
機動力と連射力に優れ、リロードもマシンガンの中では早く、またノーマルサーバーにおいてフルオートで走り撃ちをした際でもそれほど弾がバラけないSMGのような性質を持っている。
$3500とマシンガンの中では比較的安価であることも魅力の一つである。

一方で初弾からまっすぐ飛ぶかは運次第という、命中率の表記ステータスに疑問を感じさせられるほどの精度の悪さがネックだ。
リコイルコントロールはしやすいため、近距離スプレーのためのMGとも言える。

またもう一つの欠点として、課金MGの中では珍しい、強化が出来ないマシンガンなので注意が必要だ。理由としては2013年現在(オリジナルでのコスパの面で)ハイスペックな武器であるマシンガンなのでパワーバランスが崩れるとされている。

ズーム機能を持っているがズームにより連射速度は低下しないため、ただ単に狙いをつけやすくなるだけである。
MG36の初弾精度の悪さから考えて、僅かなズーム機能でさえ要するほどの遠距離狙撃の役目は皆無だろう。

この武器にクリスマス装飾を施したMG36 Christmas Editionが2012年12月20日に実装された。
今まで実装されたCE(Christmas Edition)とは少々違った扱いになっているようだ。
ちなみに金色仕様のMG36 Gold Editionもある。

射撃TIPS

対人での威力は以下のとおりだ。
36mとはルーフトップのセンターの端と端の距離である。

距離密着36m
防具ありなしありなし
9612881108
24322027
24322027
30402533
24242020

リコイルコントロールが非常にしやすく、弾丸を思ったところに簡単にまとめられる。
連射速度や威力もARのそれと同じであり、まさに「ドラムマガジンを装着したAR」と言える。
とはいえ、MG36はマシンガンの中でも最低ランクの初弾精度である。どれほどかというと、20m先を撃つとクロスヘアの斜め上に着弾する。中距離以降はフルスプレー射撃で倒すのがセオリー、それ以前に単発だと敵に着弾するかも怪しい。
つまり、単発射撃では使い物にならない。
しかしながら、マシンガンで遠距離で戦う事自体が珍奇なことであり 初弾精度を気にするよりはマシンガンらしくフルオート射撃が当然でもある。
つまり、初弾精度を省けばMGのうちでもトップクラスのステータスである。

同価格・同系統のマシンガンであるQBB95EXと比較すると以下のとおりだ。

威力MG36>QBB95EX
連射速度MG36>QBB95EX
連射精度MG36>QBB95EX
初弾精度QBB95EX>MG36
ゲーム内価格QBB95EX>MG36
機動力QBB95EX>MG36

どちらのMGも一長一短であり、一概にどちらが優れてるとは言いがたい微妙な性能だが、マシンガンとして使うなら連射精度に優れるMG36を選択するのがよい。
近距離では威力・連射・コントロールの容易さでMG36の方が幾分か有利だが、中距離以降のレンジは単発射撃で真っ直ぐ飛ばないMG36はQBB95EXに劣る。
オリジナルでは、100発連続射撃可能なマシンガンの中で最安値だ。

  • 初弾精度検証画像(アサルト・立射)
    MG36_First_shot.jpg

チームデスマッチ

頭+胴体でキルを取れる上MGの中では反動が少ないため、リコイルコントロールがしやすい。
そのため中距離くらいまでならフルオートで周辺の敵を一掃することが可能だ。

オリジナル

MGを使うことは舐めプレイとされたが、比較的安く弾込みで$4000未満であるため場面場面でラッシュ対策などに起用出来るだろう。
MG36の場合、走り撃ちでもさほどブレない(不確定要素ではあるが)というメリットがあり、機動力もARに負けないだけのものを持っている。
本銃は課金MGとしては珍しく強化不可能だが、オリジナルは強化無効設定が出来るため、この欠点は消える場合があるのも嬉しい。
戦略的にもMGの用途が増えるのは喜ばしいことだが、理由も無くMGを使われるのを毛嫌いする人が多い。
そのため少人数部屋では稀に蹴られる事があるので留意しておこう。

ゾンビモード

重量が軽く、リロードも速く(4.0秒前後)連射してもそこそこバラけ難いので、野戦に結構向いている。
初弾精度がさほど良くないが、ゾンビモードでは単発精度はさほど重視されないので、この欠点はほぼ消えることになる。
5.56mmNATO弾を使うMGの中では最も威力が高く、MGの中ではM134系に次ぐ速い連射速度(9.2秒/100発)、良好な連射精度により、至近距離からゾンビの頭に叩き込むといった瞬間火力の面では強力だが、逆に篭りにおいては1マガジンを撃ち尽くす時間が若干早まるので注意しよう。
連射スピードもMGの中では上位に居るので心強く有難いが、連射速度に釣り合わず100発しかないのでラウンド時間を考えて撃たないと弾切れを起こす。

ゾンビサバイバル

威力がそこそこ高く、格安なのが利点。特にダブルゲートなど稼ぎづらい場所では高いポテンシャルを誇る。
実は発射サイクルがMG3より速い上に集弾性やリロード速度も優秀なので、ゾンビを薙ぎ払うのに最適なマシンガン。
機動力が高く、ゾンビに追いつかれにくいのもメリットの一つである。
軽量MGの中では最もこのモードに向いていると言えるだろう。

デッドエンドの最初の壁を相手に次のような結果が出た。

武器Avalanche(A)Avalanche(B)MG3MG36K3K3+2SKULL-7Balrog-7
Lv0116-1713141513132421
Lv113428283024264843
Lv1538-3933-34353630325853

※攻撃力Lv1(100%)、Lv11(200%)、Lv15(240%)での検証結果です。
更なる威力検証はこちらを参照してください。

騒動

2013年5月29日のアップデート以降行われたイベントで、「本武器の無期限がもらえてしまう(公式には1日と表記)」という、バグが起こった。
2013年5月30日上記のイベントの修正を行った臨時メンテナンスで全ての無期限所持者のインベントリから削除される(正規の入手法によるものも含め)というとんでもない不具合が発生し、公式掲示板が荒れた。
同日19時40分頃、正常に購入した全プレイヤーのインベントリを修正し、お詫びとして龍の刺青7日が支給され収束をみた。

MG36ファミリー

MG36 MG36 Christmas Edition MG36 Gold Edition

実銃

MP5でおなじみ、ドイツに本拠を置くH&K社が開発したアサルトライフルG36に"C-MAG"と呼ばれる100連装ドラムマガジンの装着、バレルの肉厚化などを施し分隊支援火器としてカスタマイズ・運用されるモデルだ。
ゲームでは初弾精度がとても残念だが、実銃のG36そのものは非常に高性能なARで、ドイツ軍はもとより各国の特殊部隊で採用されている。標準でバイポットと折りたたみストックを備えている。
G36には3倍スコープが、輸出型のG36Eには1.5倍スコープが標準で装備されており、命中精度も高い。
本来のG36はマガジンに30連装半透明弾倉を採用しており、SG550同様に一目で残弾を確認できる。
クリアマガジンはSTANAGマガジンと互換性は無いが、G36ではSTANAGマガジンを使用可能だ。
また耐久精度も高く、地中に埋めた本銃を取り出して軽く土を払うだけで問題なく発砲でき、10分程度なら水に浸けても問題なく発砲可能といわれている(H&Kのアナウンス)。
OICW計画で製作されたXM29や、それをベースにしたXM8、民生版のSL-8、SL-8をマークスマンライフルにしたSL-9のベースになっている。
ちなみに、5.56mmNATO弾を使用するM4やM16が使用する100連装ドラムマガジンと互換性がある。

詳しくはウィキペディア G36 を参照してください。

使用動画

コメント欄について

実装から1ヶ月経った為、コメント欄は閉鎖いたしました。
コメント欄の取り扱いについてはトップページをご確認下さい。

過去ログ

質問は質問箱へ 情報提供・編集依頼はWiki編集相談