新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-08 (水) 17:44:48

マシンガン/Para

M249
M249 キルログ

性能

通称M249ゲーム内名称M249
価格$5750実銃名FN M249 Para
性能Common D / Zombie C / Survival D
画像M249威力24
ゾンビダメージ69
ZSVダメージ60
命中率79%
反動79%
連射90%
重さ71%
ゾンビノックバック13%
ゾンビ硬直50%
装弾数100保持可能弾数200特殊機能-
弾の種類5.56mm NATOHUD5.56mm NATO価格$60/30発

クラシック武器である本銃は2009年07月08日クローズドβテストより実装された。

特徴

クラシック武器
武器製造にて第5種武器設計図により無期限版が製作可能でしたが基本装備へ変更のためできなくなりました。
2015年1月14日に無料化され基本装備武器となりました。
今月の武器の2016年05月度の武器に選ばれた。
今月の武器の2016年10月度の武器に選ばれた。

100発の5.56mm弾丸を使用するこのマシンガンは、強力な火力と心強い装弾数で攻撃の核になるが、重さによる遅い速度と命中率の低さは最前方での活躍は難しい。

CSOに数あるマシンガンの中で唯一 Counter-Strike から存在している。
大宇 K3と共に数少ないマシンガンの初期武器である。
マシンガン特有の強い反動と弾のバラけ具合の為、リコイルコントロールには少々練習が必要だ。
だがTMPやVSK等の様な意味不明なリコイルではない。練習すれば100連発出来るARみたいな運用も可能だ。
装弾数を活かしてひたすら撃ち、残弾数が10を切ればリロードする。ベルト給弾の為リロードは少し遅め…である。
オリジナルでは同価格帯にAWPやTRG、もっと安い良武器としてAK/M4が存在するため出番は少ない。
更に課金武器でこれより安くそのわりに性能も良いHK23E、M60E4、そしてMG36が実装され、おまけに初期武器としてこれより装弾数が多く無課金で最大強化可能なK3が実装されてしまい、オリジナルでは完全に出番を奪われた感のある悲しい銃だ。
ただしゾンビでは前面に出てMG3とほぼ同じ運用が可能だ。詳しくは「対ゾンビ戦」を参照してほしい。

2012/11/21のアップデートでキルログのシルエットがストック付きになったが、本銃にはストックはない。

ゾンビモード以外ではさほど活躍の機会がない銃だが、オリジナルやチームデスマッチで使うのであればPara - CS 2chテンプレ を一読しておく事をお勧めする。

射撃TIPS

対人でHSしたときの威力は以下のとおりだ。
36mとはルーフトップのセンターの端と端の距離である。

距離密着36m
防具ありなしありなし
9312487116
23312129
23312129
29382736
23232121

そのコストパフォーマンスの劣悪さから日の目をみることがないM249を、もしオリジナルで使う場合の戦術について記載する。
他のマシンガンを使う場合も目を通しておくといい。
ちなみに他のマシンガンはどれもM249よりも性能/コスト比で優れたものが多い。精度を求めるならHK23E、機動力を求めるならMG36、火力を求めるならMG3M60を持っていくことをおすすめする。

大まかに長所と短所をまとめてみると…
【長所】
・弾数が多い。

【短所】
・値段がとても高い。
・リロードが遅い。
・リコイルコントロールは練習が必要である。

おおまかにこの程度だ。
「重い」とよくいわれるが、実際の速度の差はAKとほとんど変わらない(全く差がないわけではない)ので大きな短所にはならない。
性能ではAKやM4と比べてもそれほど劣るわけではないが、唯一にして致命的な短所は値段の高さ。AWP+DEよりも高いので、オリジナルで使われることはかなり少ない。
ファミリー戦で使用すると相手からナメプレーにみられることもあるので注意が必要だ。まぁ相手の戦い方に文句をいうのはよくないのだが。
値段を気にしないTDMでは使いたい放題だが、やはりAKやAWP、カジュアルではタシタシなどに活躍の場をとられる。

キルのとり方

ARに劣る初弾精度、バラつきの強いスプレー、低い機動力のため相手と向き合う状態での撃ちあいは苦手である。
クセの強いバラつきを身につけられれば面白いくらいに敵を倒せるが、できればこの武器でロングでのAIM勝負はやめた方がいい。
キルのとり方はカバーを基本としよう。味方と撃ちあいをしている敵に横槍をいれるかんじが理想だ。
あとはそれを前提にどう動くか、立ち回りを組み立てていく。
「ここで何をすべきか」「ここで何をしたら相手が困るか」をよく考えることだ。
M249を使うならそういった戦術思想が特に重要である。
そういう意味では立ち回りを勉強するのにはいいかもしれない。

MAPを覚える

構造を把握するのはもちろんだが、マシンガンを使うのであれば壁抜きができるポイントも頭に入れておく。
壁抜きは攻撃手段としてはもちろん、索敵やけん制などにも利用できる便利な技術だ。
M249は装弾数が100発もあるので積極的に壁を抜いていける。
気をつけて欲しいのは、こちらの位置も相手にさらしてしまうということになる。
とくにM4と違ってサイレンサがつけられないため、おおまかな位置を特定されやすい。
そこをつけこんだ敵にも対処すべく、すばやく臨機応変に動くことができるとベストだ。

距離を覚える

M249の得意距離はミドルレンジである。
ハデなバラつきも狭い間合いではアサルトライフルとそれほど差がなくなるのだ。
ただ連射が遅いので極力頭を狙っていくべき。もし単独で動く場合は極力せまいところに身をひそめよう。
遠距離はまともに撃ちあったらまず負ける。相手が自分の方向を向いてないなら、首のあたりを狙ってHSを願いながらタップ撃ち、あるいはバーストで撃つ。
もし殺せずに敵がこちらを向いたら急いで引くことだ。

装弾数を生かす戦い方をする

100発ということは普通のアサルトの3倍以上だ。80発撃ってもまだ20発撃てる。
味方の撃ちあいに加勢したり、味方のリロード中を襲われないよう弾幕を張ってけん制したり、100発の装弾数を生かした戦い方をしていく。
相手にとっても弾幕がとぎれないのは突入しづらいし、リロード中を狩るにもM249が厄介な存在となるはずだ。
また味方にAWPがいる場合は、M249の壁抜きを痛がって箱裏などから出てきた敵をAWPが葬る…といった連携もできる。
だがこの武器で直接キルをとろうとしてはいけない。逆に返り討ちに合い、結果としてチームも負ける。
あくまで優先順位は「チームの勝利」だ。

ところで短所にリロードの遅さをあげたが、オリジナルでは100発使い果たすことはほとんどないので、あまり気にしなくていい。

ゾンビ

CSOにはPara以外にも MG3MG36M134SKULL-7 などたくさんのマシンガンがある。全て課金武器であるものの、それらの方が優れている面は否めない。
追い討ちといわんばかりにK3が実装されるも、最初こそ装弾数が貧弱でM249に及ばない性能であったが、2015年1月14日のアップデートで無強化状態のK3が装弾数150発になってしまい、勝っているのがK3無強化時の威力のみと言う悲しい現状となった。
結果、現在CSOで使用できるマシンガンの中では中途半端な存在となってしまっている。

全体的にMG3の子供のような存在であるので総弾数は100発、連射時間は11.0秒/100発、リロード速度は5.0秒前後だが、威力は十分あるので他のマシンガンに比べ中途半端…等と言われていても十分前線で戦える強さは持ち合わせているので安心できる。
連射精度はあまりよくないが、MG3やPKMよりは優れているので、少し練習すればHS連発も可能だろう。カジュアルサーバーならタップ撃ちすれば、大容量アサルトライフルのように逃げにも使える。
MG3より集弾性能が高い分装弾数が少ないので、なるべくゾンビから離れて戦いたい。
移動速度はシール14.5秒の道を16.5秒前後だ。MG3より僅かに速いかもしれない。

ヒューマンシナリオ

砂漠の嵐では、かなり中途半端な印象だ。
精度重視ならSR、機動戦ならARで、マシンガンで機動戦するならHKとQBB系となる。固定砲台にはMG3とM134と、M249の出番は皆無と言っていいほどだ。
よほど武器を買う余裕が無くとも、普通の人はM4/AKを買う。余裕のある人は大体スナを買う。マシンガンを買うなら普通はM134かMG3を選ぶのが筋だろう。
地獄の業火では、MG3とM134の劣化武器として使用できる。
トゥルーパーに弾丸を叩き込むと言う点ではまあまあ使えるが、横にM134やMG3がいるならハイエナ狙いしかまともに戦えない。連射も威力も中途半端、唯一優れた集弾性にしたってHKに負けている。
だが、非課金者はタシかこれを持っているのがマナーと言うものだろう。

ゾンビサバイバル

モード実装当初は課金武器やシリーズ武器なども無く、無課金者はこれを持っているのがマナーとも言える武器だった…のだが2016年現在は多くの課金武器が存在し、無課金でNgeveULTIMAX 100といったある程度性能が高いマシンガンが実装され、この武器をわざわざ引っ張り出してくる理由はあまりない。
さらに言えば初期武器にK3があり、強化次第ではM249の二倍の弾数になったり、威力が1.5倍程度になっていたりと、性能面で勝る点がないというある意味悲劇的な状況に置かれている。
現状ではMG3でさえゾンビサバイバルでは火力不足でほぼ使用されておらず、そのMG3に殲滅力で及ばないという点から、扱いに手を焼くことは間違いない。
一応2016年6月の今月の武器に選ばれているので初期武器なので、ある程度序盤は戦うことが可能ではある。
基本的に縛りプレイでもない限り扱う機会は無いであろうが、「俺はM249を愛している!」といったこだわりがあり、味方の足を引っ張らないのであれば使っても良いだろう。全ては愛ゆえに、である。

M249ファミリー

M249 Red M249 M249 Camo M249 VETERAN

使用動画

実銃

M16の弾倉も使える、分隊支援火器(日本では軽機関銃に分類)である。
実銃はどんな状況下でもバリバリ撃てる、ということで高い評価を各国から受けている。
CSOのMinimiはParaモデルで、空挺部隊向けのストック・バレル短縮型だ。
一説ではM16の10倍の火力を持つとされる。
日本では住友重機が「5.56mm機関銃Minimi」としてライセンス生産しており、陸自が軽機関銃、海自・空自が護衛火器として装備されている。
公式的な派生は色々あり、公式ではない類似型に独H&K社のMG4が存在する。Minimiとの違いは、G36のマガジンと互換は無いとのことだ。
後に本銃の7.62mmNATO弾版であるMK48 mod.0と、同じようにMG4のサイズアップバージョンであるHK121が実装された。

コメント欄について

実装から1ヶ月経った為、コメント欄は閉鎖いたしました。
コメント欄の取り扱いについてはトップページをご確認下さい。

過去ログ

質問は質問箱へ 情報提供・編集依頼はWiki編集相談